Translate

2017年7月29日土曜日

アジアティーク Asiatique The River Front に行ってみた

夜はチャトリウムホテルから歩10分のところにある、この界隈で唯一ともいえるメジャースポット”アジアティーク Asiatique The River Front”に行くことにしました。
初日バンコクに着いた直後にお客様のOさん達とココの中にあるレストランに行ったけど、今日はゆっくり見てまわることにしました。

”東京ドーム約2.5個分の敷地内に1500店舗の土産物屋とファッション、アクセサリー、家具などの小売店、レストラン”…
半オープンエアなお台場のショッピングモールって感じですかね。
タイとか東南アジアらしさとかそういう情緒は皆無です。

去年シーロムコンプレックス(BTSサラデーン駅すぐ)で食べた時美味しかったMKレストランがあったのでここで夕食。
チェーン店だけど美味しいタイスキです。

 広い敷地に観光客がたくさん。

「これやってみたーい」とフィッシュSPAの出店に駆け寄る息子。
「ドクターフィッシュか。前にバリ島でもやったよね?」
「おぼえてなーい」
料金は15分で100バーツ(≒300円)だったかな。

広い敷地を散歩しながら露店でジュースを飲んでTシャツ数枚を買い物。
朝からボウリングしたりサイアムの街歩きをしたりプールで泳いだり、そしてここの散歩でそろそろ疲れてきたので夕涼みの散歩もお終いにすることに
「アジアティーク、どうだった?」
「んー、特に何もないしイオンモールと同じような感じで正直つまんなかった」
「確かに(苦笑)」
「タイスキだけは美味しかったけどね(^_-)」



アジアティーク 
Asiatique The River Front


バンコクステイDAY3 午後は何する~?? It's up in the air.

ボウリングも終わってさてどうしよう。
サイアムは大都会なのでなんでもあって何でもできそうだけど…
「暑い! どっかショッピングセンターかビルに入ろう」

「ドローン欲しいな~」
「いくらすんの? 」
「29990バーツ」
「え? 約10万円ってこと??」
「今回のバンコク3人分の旅費と変わらないよ(笑)」

「トムクルーズ!」
「うわっ、リアル過ぎ! ホンモノみたい!」
 

「ここってマンゴーの店があった地区だよね?」
「あれ、美味しかったしまた行きたい!」

「マンゴーに餅にアイスのミックスプレート!」

 「やりたいこと特にないから帰ろう」

 「はやく着替えてホテルのプールで遊ぼうよ~!」

「夕飯まで少し時間があるからじゃ飲んじゃお(笑)」
「赤はチリのシラーズ、白は南仏のシャルドネだって」
「おれはコーラか…」
 (*^-^)ノ▼☆▽ヾ(^-^*)乾杯!

「やっぱプールは最高」

特に何かをするわけでもなくゆるゆると過ごしたバンコク3日目の午後でした。

Siam Paragon Blu-O Bowl サイアムパラゴンにあるボウリング場に行ってみた

子連れバンコク行き当たりばったりの旅。
息子が「買い物とか寺巡りするんだったらチャトリウムのプールで遊んでいたほうがイイ」というのだけど1日中プールにいるのもどうかと。
何か小学生も楽しめるバンコク市内の日中娯楽がないのかな…と!?

「サイアムにボウリング場があるみたい」
「タイでボウリング、面白そう!」
「そういえばボウリングって家族でやったことないよね」
「最後にやったのって20年前くらい?」
「かも。オマエはないだろ?」
「いや。おれ、2年前ぐらいにばぁちゃんと行ったよ! できるよ!」
「行ってみよう!」
ということでさっそくBTSでサイアムへ。


土曜日だったせいかもしれないけど場内は混んでいて満席。入場待ちもできてます。

3人ともへたくそです。

ピンが10本きちんと出てこなかったりいい加減ですが何だかんだ面白いですね。
2ゲーム楽しみました! スコアは聞かないでください(笑)



∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥



ブルーオー リズム アンド ボウル
Blu-O Rhythm & Bowl
BTSサイアム駅直結のモール5Fにあります。
 1ゲーム 1人120バーツ(360円)
レンタルシューズ40バーツ(120円) 
日本語表記メニューなし。英語が通じます。 
営業時間・定休日 --
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2017年7月時のものです。

バンコク旅ラン☆TABI RUN IN BANGKOK 2017

ジョギングが日課の私たちの旅先での朝。
旅先の楽しみのひとつ”旅ラン”に出かけます。
夜明けの街を走るのはとても気持ちが良いしセレンディピティに溢れています。


朝市がたっていました。その前を通ります。
東南アジアにしては臭いのしない都会なバンコク中心部でも、この前だけは熟れた果実、特にドリアンや魚介類の生臭さが入り混じった東南アジア独特の活気のある臭いがします。
バンコク旅ラン☆TABI RUN IN BANGKOK

ビル街を抜けて目的地のルンピニー公園に到着。
たくさんのジョガーに交じって走りると自然にテンションも上がって超気持ちよいです。
バンコク旅ラン☆TABI RUN IN BANGKOK ルンピニー公園

ふと池を観たら波紋が立っていたので近寄ってみると1m以上のミズオオトカゲがゆったり泳いでいます。
ルンピニー公園の名物的存在なのは知っていましたが去年見ることができませんでしたし、なんでも去年捕獲作戦があってかなりの数が他へ移送されたとのこと。見ることができないかな!?と思っていましたので見ることができて嬉しかった~。
ルンピニー公園のミズオオトカゲ

去年走った時にいろんなマラソン大会の記念Tシャツを着て走っている人が多かったので、去年のバリマラソンの完走Tシャツを着て走りました(^^ゞ
ルンピニー公園をバリマラソンの完走Tシャツを着て走りました

街中のいたるところに故プミポン国王の写真が飾られています。
もう亡くなってから半年以上たつと思うけど愛されているんですね。
街中のいたるところに故プミポン国王の写真が飾られています

BKK市内ではオレンジ色の袈裟をまとった僧侶さんもよく見かけます。
BKK市内ではオレンジ色の袈裟をまとった僧侶さんもよく見かけます

だいたい13㎞くらいかな…気持ちよい朝ジョグでした。
だいたい13㎞くらいかな…気持ちよいバンコク朝ジョグでした


朝食を挟んで少し休んでからホテルのジムでワークアウト。
朝食を挟んで少し休んでからホテルのジムでワークアウト

良い汗をかきました(^^;ゞ

2017年7月28日金曜日

night view of riverside リバーサイドのホテル滞在は夜景が素敵♪

チャトリウムホテルの立地はバンコク市内ではあるけど、歩10分のアジアティーク以外に目ぼしいお店が少ないせいなのかガイドブックとかにはあまり載っていないエリアみたいです。
夜の散歩を楽しみます。

ねっとりとした湿気を帯びた風に吹かれながらの夜散歩。
チャオプラヤ河には派手なネオンと賑やかな音楽を奏でながらディナークルーズ船がゆっくり航行していたりビルの灯りが水面に反射していたりして見ていて飽きない光景です。




今回のチャトリウムホテルは18階。バルコニーからの眺め。
去年のプルマンバンコクホテルGの34階からの夜景とはまた違う味があります。

良く冷えた缶ビールと息子はジュースでバンコクの夜に乾杯です。

バンコク・サラデーン駅前のバナナハウスでタイ料理

夜はeimy店長が行ってみたいというバナナハウスというタイ料理店へ。
BTSサラデーン駅前のビルの2F、28年もやってるんだそうです。

ウェイトレスさんにおすすめを聞いて素直にオーダーします。
ホイラーイという焼きアサリ(小さめのハマグリ?)とガーリックトースト。
アツアツ&オイルたっぷりで美味しいです。
カロリーは高そうだけどシンハービールに良いおつまみ。
ホーイラーイという焼きハマグリとガーリックトースト

タイ料理といえば真っ先に思い浮かべるトムヤンクン(トムヤムクン)
レモングラスやバジルとエビ。辛みと酸味が混然一体となった世界3大スープの味を堪能します。
オトナ2人は「アローイ!」なのですがお子ちゃまな息子は「これ俺ダメ」と。
トムヤンクン(トムヤムクン)

グリーンカレー。
これもオトナ2人は「美味しい~!」なのですが息子は「辛っ><;」とのこと。
グリーンカレー

息子君「これは前もどっかで食べた焼きそばみたいなのだよね? 辛くないから好き」とメニューの写真を見てパッタイを勝手に注文(笑)
自分は牡蠣アレルギー持ちだからオイスターソースが入ってるかもしれないのでパスしましたが、美味しかったそうです。
パッタイ

メニューには日本語表記もあるし英語も通じます。
上記メニューに画像ナシですがパパイヤのサラダとビール大2本とソフトドリンクで3000円位だったんじゃないでしょうか。
ご馳走様でしたm(__)m
Banana House-Bangkok バンコク・サラデーン駅前


息子君は「まだロに辛さが残ってるからアイスで口直ししたい」というので線路を挟んで反対側のシーロムコンプレックスの中にあるIberryでアイスクリームを食べてましたよ(笑)
シーロムコンプレックスの中にあるIberryでアイスクリーム



∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥



バナナハウス
BANANA HOUSE
 予算は…記事を参照してください 
おすすめは…記事を参照してください 
日本語表記メニューあり。英語が通じます。 
営業時間・定休日 不明
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2017年7月時のものです。


今年もまたバンコクで鬼手長エビ釣り・夏休みの自由研究の題材に!

「楽しかったので絶対に行きたい!」というので再訪です。
正午OPENで訪れたのは13:00過ぎだったのですがすでに7~8割の釣り座が埋まっています。
お客さんはほぼローカルの人たちです。



開始早々早速釣れました~。やったね!
Prawn_Fishing_in_Bangkok_2017 今年もまたバンコクで鬼手長エビ釣り・夏休みの自由研究の題材に!

がしかし、後が続きません。
値段が高いエビなのでそんなに量は入ってないんでしょうね。
去年同様、1時間に2~3匹釣りあげられれば良いレベルな感じ。
ここの釣り堀の水は濁っていてエビを見ながら釣ることはできないです。
ウキで感知するしかないのですがアタリがあってもバレることもあるからなかなか難しいです。 
Prawn_Fishing_in_Bangkok

地元の上手な人でも1時間に5~6匹くらいかな。
毎時1回放流もあるのですが… 
Prawn_Fishing_in_Bangkok

eimy店長も釣りあげました! 
Prawn_Fishing_in_Bangkok

あれから苦節1時間・・・ようやく2匹目。嬉しいよね! 
Prawn_Fishing_in_Bangkok

パパはビールを飲みながらまったり。釣れません… 
Prawn_Fishing_in_Bangkok

釣ったエビはその場でいろいろな調理法で料理してもらえます。
別料金ですがローカルの遊び場なので値段も安いし釣りたて新鮮なので美味しいです。
ビールもキンキンに冷えていて最高(笑) 
Eating Prawn in Bangkok



∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥

息子のまとめ(夏休みの研究文)

名称:オニテナガエビ
別名:アジアンブルーロブスター
最大体長:約30cm(鋏部除く)
適水温:約23~28度

特徴
・東南アジア原産の世界最大の淡水エビ
・大きさと味から重要な食料として養殖が盛んな種
・体長はハサミを除くと30㎝まで成長する
・成長と共にハサミは青くなり鑑賞価値も高い
(日本では観賞用に1匹1000円以上する)
・寿命は環境による個体差はかなりあるが1~5年ほど
・肉食性が強い
・成長が早く気が荒い
・水温が15度をきると死んでしまう
・酸欠にも弱い
(ブクブクの近くが釣りのポイント)

釣り方
・フナなどの小物釣り用の1.8m竿
・糸1号未満のナイロンの細い糸
・浮き
・より戻し
・針(フナ釣り用)
・餌は生餌(ブタの内臓を細かく刻んだもの)
・底近くにタナを調整する
・手長エビが餌をつかむとウキが上下したり横へ動くので、頃合いを見計らって合わせる
・ヒキは想像以上に強い
・針を外すときにハサミで挟まれると血が出るほど痛い



・釣りたてエビの素焼きは香ばしくてサクサクプリプリ。
塩気もあって美味しいです



∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥


バンコクの淡水手長エビ釣り堀とその場で料理してくれる店
店名:ムーカタ チャルンナコン
釣り堀手前の路地です。突き当りにあります

住所:Charoen Nakhon Soi 16, Bangkok
タイバンコク BTSクルントンブリー駅(Krung Thon Buri Station)
徒歩5~6分くらいです。
 ────────────────────────────────
営業時間:正午~不明
釣り料金:竿1本+餌つきで1時間100バーツ(≒300円)
2人で竿2本借りて1時間200バーツ(≒600円)
釣り人の交代は自由のようです
(2017・7月のレート)
────────────────────────────────
言葉:タイ語(英語はあまり通じないようです)
トイレ:有(男女別・トイレットペーパーもかろうじて有る感じ)
手洗い場:有(石鹸もあります)
他:バラックのような建物で扇風機はありますが暑いのでタオルは必携です。
夜は虫よけスプレー等があった方が良いかもと思います。
 ────────────────────────────────

短期旅行だと何かと慌ただしくなりがちなバンコクの旅ですが、
ほのぼのというか、まったりと楽しむのに、
オススメしたいスポットです!