Translate

2014年7月31日木曜日

アタリマエの蓋が外れた!?

子連れのダナンの旅もあっという間に最終日。
帰路は2週間前の7/16に就航したばかりのVN0318・ダナン→成田間の直行便。
ダナン10:40発→成田18:00着(5時間20分)
VN0318 ダナン→成田 直行便 エアバスA321

VN0318 ダナン→成田 直行便 エアバスA321

VN0318 ダナン→成田 直行便 エアバスA321 エコノミーシートの機内食
この後、心地よい疲れで眠りに落ち(◎*-_-||゚+o。ぉ休みтIМЁ。o+゚||-_-*◎)

成田にはオンタイムで到着。荷物もすぐに出てきて入国審査もスムースでした。
成田空港 到着ロビー
到着ロビーからは帰国した皆さんが、バス、電車、駐車場...と散っていくなか、自分たちファミリーはエレベーターで4Fの出国ロビーへ。


日本へ着いたばかりなのにまたどこかへ??というわけではなく
成田空港出国ロビー
到着フロアとちがって出国フロアにはレストランやカフェなどいろいろあるので(笑)
これからロングドライブなので腹ごしらえです。
とはいえ、自分は眠くなるとヤバいので軽くベーグルだけ。
成田空港から山形市まではちょっとつらい夜の運転。
(行きはワクワクしてるからつらくないんだけどね...)
自宅に到着したのは深夜2時ごろでした。


・・・‥‥………………………………………………………‥‥・・・ 

帰国後翌日の夜。
むすこがいつの間にか「地球儀」をベッドサイドに置いていた。
3歳の誕生日にプレゼントした光る地球儀。
ずっと彼の勉強机の上で、一度も点灯されることもなく置かれたままだった...。
当時はまだ興味が無かったんだろうね。
オモチャをもらった方がずっと嬉しかったはずだよね。
まさに親のエゴだったねρ(´-_-`○)

地球儀をみながら寝てしまったようだ。
旅の前に書いたなんとなく観光させられている&享楽を与えられている...という''アタリマエ''の蓋を外してあげたいと思っていことを7歳の彼自身がそれなりに理解して、言われなくても自ら外したような気がした。

ホイアンでみたランタン灯のような地球儀の灯が優しく息子の寝顔を照らしている。
いま、息子はどんな夢を見ているのだろう!?
3歳の誕生日にプレゼントした光る地球儀
We had very a good time@Da Nang.
Our Happy and Hot Summer Holidays 2014



2014年7月30日水曜日

酔った頭にはちょっとしたパズルみたいなweb check-in

ホテルへ戻ってWI-FIでベトナム航空のサイトを開きます。
ようやくスマホがネットにつながった
ネットにつながったのは成田空港以来(笑)
つないだ理由はただひとつ。明日出発ギリギリまで滞在できるようにウェブチェックインしておくためです。
しかし...フラッシュがどうたらで完了できません(困)

フロントに相談したらなんとPCを貸してくれるって!!

ホテルフロントのPCを借りてweb check-in
こういうとき小さなホテルはとっても融通がききます。
個人情報も一杯だろうしいいんでしょうか!? 笑
...がしかし、パソコンからなら上手くいくかと思えば何回かトライしてもダメ。
n(ー_ー?)ン? 
このPCのフォントはベトナム語...ということは...もしやフォントが原因か?!

いままであまり意識していませんでしたがベトナムのアルファベットにはいろんなチョンチョンがついています。
例えばAだとベトナム語フォントには、



アクセント符号がついていることを思い出しました。
もしやコレがチェックインできない原因か!?
直していくと、一発でチェックイン画面へ(嬉)

こういう機械的なサイト&航空券関係は一字一句間違ってもダメだよね。
そんな基本的なことだったのですが酔っ払った頭にはちょっとしたパズルでしたε-(;-ω-`A) フゥ… 
ま、無事に並び席もとれてC.I.完了です(*^ー゚)v ブイ


ダナンにサヨナラ乾杯・Lau Huyen 2

とうとう滞在最後の夜。
7:00pmごろから夕食を食べにミーケビーチ方面へ。
数日前のタクシーの運転手が「うまいから行ってみて」と言っていた海鮮料理店
Lau Huyen 2 ダナンの海鮮料理店
ここも客はベトナム人オンリーで英語がまったく通じません(笑)

店名のLau(lẩu)とは鍋という意味だそうで鍋がオススメらしい。
海鮮火鍋2人前をオーダー。
海鮮火鍋2人前
蟹、海老、貝、ハタなどたくさん入っていて、その他に山盛りの野菜とハルサメがついてきました。
親はビール(ビアラルー)を飲みながらなので3人じゃ多過ぎる感じです。
滋味あふれる鍋です。
コクがあるのにあっさりな感じ。美味しかった(⌒¬⌒*)
価格は日本円で1000円程度だったような気がします。
ビアラルーに氷を浮かべてダナンの街に「サヨナラ乾杯!」
何本飲んだか(笑)


Lau Huyen 2 DANANG





Lau Huyen 2
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2014年7月時のものです。
食堂や屋台での食事は観光客向けのレストランなどと違い、
誰にでもおすすめできるわけではありません。この記事を見て訪れる方は、
衛生状態などをご自分の目で確認して自己責任でお願いします




お土産探し

明日は帰国なので午後はお土産を探しがてらダナンの街へ。
ミーケビーチで遊びすぎて時間はすでに2時を回っていてお腹もペコペコです。
まずはコン市場の中の食堂でローカルフードで腹ごしらえ。

最初の頃はローカル食堂や屋台に対して怪訝そうだった息子も、
「レストランがいい!」とは言わなくなりました。
旅人向けでないローカル食堂・リアルなベトナム料理
旅人向けでない場所で食べるリアルなベトナム料理。
うまみ、辛さ、匂い、素材etc...観光客向けのレストランにありがちなうわべだけのローカルフードでは決してあじわうことのできないリアル。


市場の後はスーパーへ。
売り場は2フロアでカートを押したまま乗れる便利なエレベーターです。


いろいろ買ってるうちに「あれ、これいくらだっけ?」というときに機械にかざすと...
ダナンのスーパー・商品代金自動読み取り機
商品代金を表示してくれる便利な自動読み取り機。


混沌とした市場も大好きですが、東南アジアのスーパーも独特の雰囲気があって結構好きです。
何時間いても飽きません(笑)




子供の夏休みはやっぱり海! ミーケビーチ(My Khe Beach)

大好きな海遊び。はちきれんばかりに笑いはしゃぐ息子。
久しぶりに感じる裸足で立つ砂の熱さ。
飛沫がキラキラ弾け輝くダナンの夏を満喫。
My Khe Beach(ミーケビーチ)v

My Khe Beach(ミーケビーチ)

My Khe Beach(ミーケビーチ)

My Khe Beach(ミーケビーチ)


My Khe Beach(ミーケビーチ)
米国フォーブス誌で”地球上で最も魅力的な6か所のビーチの一つ”に選ばれているそうです。



キモチいいダナンの朝ジョギング


朝ジョグは日課ですがところ変わると新鮮です。

ダナンで朝ジョギング


通りを走っていると豚をまるごと焼いていました。早朝から仕込みですね。
ダナンで朝ジョギングに見た光景

ハン橋の付近は黄色いティエンサタクシーのたまり場のようです。(安全なタクシーです)
ダナンで朝ジョギング


ベトナム人は朝早くから運動する方が多い印象です。ホーチミンでも同じでした。
ダナンで朝ジョギング

ハン川沿いを走っているとドラゴンブリッジが見えてきました。
ダナンで朝ジョギング

ダナンで朝ジョギング

昨晩、散々飲んで食べたドラゴンブリッジのたもとの屋台群の前です。
ダナンで朝ジョギング

ミーケビーチも運動する人たちでいっぱい。
ダナンで朝ジョギング

新鮮な朝陽を浴びてセロトニン(幸せホルモン)でまくりでしょうか!?
ダナンで朝ジョギング

ダナンで朝ジョギング

小一時間で駆けたルートはこんな感じ。
ダナンで朝ジョギング


海外のジョギング。
ベトナム・ダナンは比較的安全だと感じましたが、場所や国が違えば自国の常識が常識ではなくなります。
女性なら特に人通りの少ない場所などは避けた方が無難かもしれません。




2014年7月29日火曜日

予備知識一切なしで世界遺産・ホイアン旧市街を訪れてみた

五行山の帰り道「ホイアンにいきませんか? いい街ですよ」
とドライバーのChinさん。

正直なところ、ホイアンは世界遺産に登録されている、という位の浅い知識しかナシ。

いままで数十ヶ国を巡ったけれど「世界遺産」って訪れたことが無いよな!?...と思ったらなんだか興味がわいてきたよ。
「ダナンから4~50分だって。行ってみようか」「いいね」
Chinさんが言うには「ホイアンは夕方からが賑やかでいいですよ」ということで、午後3時にホテルに迎えに来てもらい世界遺産見物にホイアンまで行くことに(笑)


「車は入れないので帰ってくるまで待ってるからご自由に」とChinさん。

「あ、雨が降りそうなので傘あるので持って行ってください」
ホントに親切なドライバーさん(^^)
ということで、駐車場からたった一枚の地図だけを手に「世界遺産・ホイアン旧市街」に向かった。

スマホは相変わらずSIMを入れてないカメラ機能オンリーな状態。
美味しいカフェだの何だの。
ネットでリアルタイムに情報収集できる時代にあえてそれをしない旅。
どんな驚きや発見が待っているんだろうo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク
ま、その中にはこんなことも…
これは後から知ったのだがどうやら入街料が必要らしかった。
知らずとはいえ無賃入街してしまいゴメンナサイ。
そのくらい何の知識もない素の状態での入街です。 
An Hoi brige(アンホイ橋)

ホイアン旧市街・ユネスコの世界遺産(ベトナム)

入街するとすぐに夕立がやってきて目の前にあったカフェに避難。
ホイアンのカフェ Vinh Hung Restaurant
人が多い通りだけにあっという間に満席。
コーヒーとアイスクリーム・バナナパンケーキをオーダー。味はごく普通のレベルですが全体的に「表通り価格」のようで高いです(Vinh Hung Restaurant)

30分ほどで夕立は去って街の散策を再開。
ホイアン来遠橋(日本橋)

川沿いの道を歩いているとボートが並んでいる。
トゥボン川沿いの道

観光船のようなボートがたくさんあるエリアになり、客引きの女性たちがいる。
「ボートに乗りませんか?(英語)」と声を掛けてきた。
観光ボート客引きの女性
旧市内周辺をぐるっと一周して$25とか$20などと言っている。
交渉してみると、自分達だけの貸切で3人合わせて$10(約1000円)という微妙な価格に(^^;ソレデモカナリタカイトオモウケド...
「ボートに乗って水上から世界遺産を見てみようか~!?!」
「のるのる~」


ポンポンポンと癒しの音を立ててボートがゆっくりトゥボン川をすすむ。
ねっとりした南国の風に吹かれながら水上から世界遺産の街を眺める。
World Heritage...悪くないね。

ボートがゆっくりトゥボン川をすすむ

ホイアン 観光ボート

観光ボートの味のあるオバちゃんとツーショット


しばし水上遊覧を満喫した後は、また川沿いの小道をそぞろ歩き。
「ねーねー、この川、おさかなさんあんまりいないし、けっこう汚いね」と息子。
世界遺産の街の川にも生活排水
良い悪いはいいませんでした。
世界遺産とはいえ人々の日常生活があるからね。

更に歩いていくとマーケットがあり、周辺には屋台も。
いろいろな美味しそうな匂いが混じりあって漂っています。
ホイアンの屋台を食べ歩き

揚げバナナとココナツフレークのドーナツを売っている屋台では注文してから揚げてくれました。
ホイアン 揚げバナナの屋台
インドネシアでよく食べるピサンゴレン(揚げバナナ)とはまたひと味違います。
多分ですが、ここの衣は「米粉」なんじゃないかな!?と思いました。優しい味。

揚げたてのココナツフレークのドーナツもアツアツでとても美味しい!
ホイアン 屋台の揚げたてのココナツフレークのドーナツ

市場には建物もあったので入ってみました。
ホイアン 市場

市場内を歩いていたらベトナム風お好み焼きのバインセオ(Bánh xèo)を焼いている屋台があっていいにおいに堪らず注文してしまいました。
ホイアン 市場内食堂のバインセオ Bánh xèo
さっきからたくさん食べているように見えるけど、少量を3人でシェアしながらの食べ歩きなのでまだまだ余裕です。
いろんな味を楽しみたいし知りたいからね。

市場の外に出るとすっかり夜のとばりがホイアンの街を包んでいる。
ホイアンといえば満月のランタン祭が有名なんだそうです。
観光客目当てのお土産ランタン店もあります。
数軒見て回るけど最初の言値が相当高い感じ。
輸入ザッカバイヤーでもある自分からすれば、そこから半値以上値切ってもまだ相当高い印象(笑)
もしインドネシアでインドネシア語で買ったら...なんて考えが頭をよぎったが、今は旅を楽しむ時間なので野暮なことは考えないようにしたよ。
ホイアン ランタン屋
気がつけば袋にランタンが詰められていた。
日々、世界中からの観光客を相手にしている店員さんの方が一枚上手だったか(笑)


何の知識も先入観も一切無いまま、ネット情報をオフにして世界遺産の街を1周...
街の人たちとの会話、そして、多くの人の交差と時間が作り上げた独特の街並みを実感した。
脳裏に浮かんだワードはホイアン旧市内≒京都だった。

=========================================================================
ホイアン
ベトナム中部クアンナム省の都市であり、ダナンの南方30キロ、トゥボン川の河口に位置する古い港町である。中国人街を中心に古い建築が残り1999年平成11年)に「ホイアンの古い町並み」としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。人口は121,716人。

・16世紀末~19世紀にかけて海上貿易の要衝として栄えた
・主な建築物は
 来遠橋(日本橋) - 中国風の屋根付橋、2万ドン札の裏側にも印刷されている
 福建会館 - 1773年に建設された華人の会館
 広肇会館 - 1786年に創建された広東系中国人の会館で中華街の名残り
 海南会館,潮州会館
 クアンタンの家(チャンフー通り77番の家) - 約380年前に建てられた中国家屋
 クアンコン寺(関帝廟)

ホイアン クアンコン寺(関帝廟) 
=========================================================================

帰国後、撮った写真と照合して後付けで知識を得ている今(笑)
午前中に訪れたマーブルマウンテン(五行山)もそうだけど、知識をインプットしてもう一度訪れたらどう感じるだろうか!?

そしてマイリンタクシー(MAILINH TAXI)のChinさん!
一日貸切みたいになっちゃったね、ホントにありがとう!
ベトナム ダナン マイリンタクシー(MAILINH TAXI)
「Today was a very good day with good family」と言ってくれました。
名刺をもらったので、またダナンにきたら貸切でお願いね(o≧▽゚)o



・・・‥‥………………………………………………………‥‥・・・ 



ホテルへ戻って荷物を置いて...
息子も妻も「お腹すいた~」「結構食べたけど、あれだけ歩いたらやっぱりお腹すくね」
「これから夕飯食べに行こう! 
これからもうひと遊びだよ~(笑)

午前中は五行山、昼はローカル市場、そしてホイアンまで行ってきて夜の屋台に出かけようという...
昨晩、吐いて倒れていたとは思えないほど元気な自分も相当だけど妻もも息子も凄い体力!
この時点でスマホの歩数計は12kmをオーバーしている。
家族で遠足みたいな感じ。

賑やかな屋台。
カウロンたもとの屋台で
火鍋(HOT POT)をオーダーしてビールで乾杯。
ココもベトナム語しか通じません。
チキン味のスープを頼みたかったのに「こっちついてきて」とゼスチャーされ、調理場横の食材倉庫につれていかれました。
そこには生きた鶏がたくさん。
「コレ、活きた鶏を丸ごと1羽だろ?」的な...; ̄ロ ̄)
That's not what I mean!(違うって),,,と言ってもスタッフさんに英語通じないし。
1羽を親子3人で食べらるわけないよ(;^_^A アセ
ま、なんとかゼスチャーで切り抜けてセーフでしたが、ベトナム語...もうちょっと勉強しよう...とφ(-ω-)

家族みんな健康でワイワイと楽しく旅行できるこの小さな幸せに「乾杯!」
ビールもベトナムの鍋料理もうまい♪
全員、まばたきした瞬間に眠りに落ちそうなくらいだったけどダナンの夜はまだまだ長いです♪


山全体が大理石というダナンの五行山

五行山は山全体が大理石で出来ていてマーブルマウンテンともいわれているらしい。
寺院や洞窟が点在し、数あるビューポイントからは素晴らしい景観を...というダナンにきたら必ず訪れたいスポットだそうです。

ダナン市内(宿泊していたDaNang Goldcoast Hotel)から車で20~30分程度の距離だそう。
ダナン ゴールドコーストホテル~マーブルマウンテン マップ

ホテルの前の道路にいたマイリンタクシー(MAILINH)に行先を告げ乗り込む。
その前に手持ちのヴェトナムドンが少なくなっていたので両替の為に銀行に寄ってもらおうとしたら「安全でレートの良い銀行」へ連れて行ってくれました。
安全なマイリンタクシー(MAILINH)
名前はCHINさん33歳。
彼の英語はリルビッツだったけど妻が銀行で両替している間いろいろ話して打ちとけてしまいました。女の子の娘さんがいるらしい。
「帰りもまかせてください。駐車場で待ってるので。もちろん待ち料金はいりません」とのこと。
かなり親切で感じのいい運転手さん。
ホーチミンでもマイリンタクシー(Mai Linh Taxi)はハズれたことがないです。

安全運転で30分弱。マーブルマウンテンに到着。
五行山 (マーブル マウンテン・ダナン)

五行山 (マーブル マウンテン・ダナン)

五行山 (マーブル マウンテン・ダナン)

五行山 (マーブル マウンテン・ダナン)

五行山 (マーブル マウンテン・ダナン)

五行山 (マーブル マウンテン・ダナン)
単に寺院や洞窟を見て回っただけでも楽しめましたが、無宗教・無信仰な自分達でも何かパワーを感じます。
昨晩の牡蠣アレルギーでの嘔吐後だっただけにアップダウンと炎天には相当堪えたけれど神聖な気に触れて超回復!、みたいな(笑)
もし次回訪れる機会があれば、歴史とか各寺院のバックグラウンドなども少し学んで回ってみたいな、と思いました。