Translate

2015年12月24日木曜日

Vietnamese Christmas@Ho Chi Minh City

12月24日。クリスマスイブです。
サンタさんなんかとっくに来ない齢なのに…というかサンタ役なのに、
なんかうきうきしてしまいます。


∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥

12月はお店の繁忙期。
外国でクリスマス気分を味わったのは、
記憶の中では2012年12月上旬に訪れたヴェトナム・ホーチミンシティだけです。
その時のスナップショットです。
Vietnamese Christmas@Ho Chi Minh City
New World Saigon Hotel

Vietnamese Christmas@Ho Chi Minh City
Dong Khoi St.

Vietnamese Christmas@Ho Chi Minh City
Saigon Tax Trade Center

Vietnamese Christmas@Ho Chi Minh City
Saigon Tax Trade Center

Vietnamese Christmas@Ho Chi Minh City
Tau nha hang 168

Vietnamese Christmas@Ho Chi Minh City
Saigon Centere

Vietnamese Christmas@Ho Chi Minh City
ベトナムガール(知らない人です)
イルミネーションにきらめく12月の街を、半袖×短パンで歩けるのは南国ならでは。
違和感なんかまったくないです。
寒いのが苦手な自分には最高かも。

∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥

いずれいろんな国で「メリークリスマス!」って言ってみたいものです(^_−)☆





2015年12月21日月曜日

ようやく10冊目が届いた

こどもとの旅行の記念に前も書いたけどMYBOOKというサービスを使って、

写真集のようなアルバムを作っています。

後手後手なっていた夏のニャチャン旅行の画像を編集しデータ送信。

10日ぐらいして製本されて送られてきました。
旅のアルバム

旅のアルバム

そして今回は、

こども抜きでしたが初のバリマラソンの様子も入れちゃいました(笑)
旅のアルバム


初めてグアムに連れていった1歳11ヶ月に始めて8歳の今までで10冊目。

アルバムを並べてみると、

赤ちゃんから坊やへ、そして少年になっていく様子がはっきり。

<こども>として一緒に旅行できる折り返し地点をまわったような感覚。

これからあと何冊増やせるのかな?

と思いました。




2015年11月9日月曜日

アドバイザー プリーズ!な故人にバドワイザーで献杯

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロアサクラ’S 旅エッセー(19)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


先日のインドネシア出張はMERS騒ぎのせいか航空券が激安だったので大韓航空を使いました。
デンパサール往復とも韓国・仁川(インチョン)経由なので乗客の8割は韓国系の方でしたね。

韓国人CAさんが機内で飲み物を配り始め「なんちゃらスムニカー?」な感じで聞かれました。
韓国語はわからないので「sorry?」というと向こうも「oh! I'm sorry」と。英語でWould you like something to drink?」と聞きなおしてくれました。

ビールは何種類か見せてくれたのですが、久しぶりにバドワイザーが飲みたくなったので頼んでみました。
缶のデザインもいつの間にか変わったんですね。
inflight beverage&meal korean air
聞きなれない外国の言葉、そしてこのバドワイザーを見たら、昔会社勤めだったころの役員さんを思い出しました。20年以上前の思い出です。

Sさんは英語がまったくダメなのにアメリカの子会社まで掌握していた役員本部長さんでした。
アメリカ出張中にレストランに連れていってもらう機会があり一緒にタクシーに乗りました。
「ヘイ、ドライバー! ネクスト ひだり!」
観光地でないシカゴ郊外の黒人タクシードライバーが<左>なんて日本語を知っているわけがありません。「パードン?」と。
一応、偉い人とフツーの社員ですからね。
腹の底からこみあげてくる笑いをこらえるのが必死でしたよ。

で、レストランで。
自分は手を洗うために席をはずしていました。
席に戻るところでウェイトレスさんとS本部長が何かしゃべってます。
英語ダメなはずなのに?と席に戻ると、
「おい、アサクラくんよ。ビールでよかったよな? いまバドワイザー頼んでおいたから!」
と。おお、S本部長、すみません。

と数分後。
男性のアメリカ人店員がやってきました。
「ゴライテーン アリガトゴザイマス オノミモノハ ナニ シマスカ?」
たどたどしい日本語で注文を取りに来ました。
自分が「え、この方がバドワイザーを頼んだはず」と英語でいうと...

アドバイザー プリーズ!
とおっしゃったようなので日本語がすこしできる自分がきたのですが?

と彼。
意訳して”通訳”が必要だと思ったらしいです。
すみません。
親父ギャグもリアルだと本当面白い!
もうね、抑えきれず死ぬほど笑わせていただきました。


それからいろいろあって、Sさんは会社をお辞めになって、自分が会社を辞め脱サラしたころ病気で亡くなられたそうです。
高度約10000mの窓の外は青い空が広がっています。
looking outside from the window
この空のどこかにいる故S本部長さんにバドワイザー”で献杯 ( ・_・)/□


∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥































2015年11月1日日曜日

バリニーズヘッドエイク・MSG Cause Migraines

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロアサクラ’S 旅エッセー(18)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


バリには14年で何十回と通ってるけど現地に行くと頭痛になることがある。いや、正確にはありました。
ハンパない片頭痛で現地での仕事に支障をきたすこともあって大変でした。

日本にいるときは、自分は日々コーヒー豆を焙煎してそのチェックのためにコーヒーを人より飲むから、バリに行くと飲む杯数が減るのでてっきり「カフェイン切れで頭痛になるんだ」と思ってたんですが、ここ数年、食生活がナチュラル指向に向いてから、そうではないことがわかりました。

バリに行くと片頭痛になった原因は多分、いや確信をもって「MSG」が原因だと思います。
グルタミン酸ナトリウム, Mono Sodium Glutamate (MSG)
ぶっちゃけ化学調味料…〇の素の類のことです。
少量なら頭痛にはなりませんが大量に入っていると頭痛が発症する体質のようです。
(味でもわかりますが、MSGが体内に入ると自分はのどが異常に渇くんです→後に頭痛、みたいな)

ナシゴレンとかミーゴレン、中華料理系の店舗の多くが科学調味料を多用しています。
そういう店を避けるようにしたら、頭痛にまったくならない!
最近はNO MSGと表示してある店も多くなったので助かります!
最近はNO MSGと表示してある店も多くなったので助かります最近はNO MSGと表示してある店も多くなったので助かります

BALI BELLY(バリっ腹)は世界的に有名ですが、自分の中ではBALI HEADACHE(バリ頭痛)の方が身近ですね。
そういうのがわかっていてもたまに失敗しますよ。この中華料理店で食べた翌日はもう片頭痛との戦いでしたよ(苦笑)

美食家を気取っているわけではないのですけど、素材も使う調味料もできるだけピュアなのが良いなぁ、と思うわけです。









2015年10月28日水曜日

希薄な思い出しかない旅先。その理由は?!☆Tennessee,USA

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロアサクラ’S 旅エッセー(17)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本棚の釣り雑誌が目に留まりパラパラめくっていたら自分が書いた記事のページが出てきた。
記事をみると1997年。取材がらみでアメリカのテネシー州を訪れたのは間違いないが…。
記事を書いた釣り雑誌
『テネシー州のデールハローに10日滞在した』と書いていた。…でも記憶が薄い。
取材の釣りをしたこと以外ほとんど覚えていない。
ゲームデザイナーだった当時、制作していた釣りシミュレーションソフトに迎えた監修者(ジミーヒューストン氏 別記事)の都合だけで訪れた場所で、飛行機・レンタカー・宿等の手配はUSA子会社のアメリカ人社員がすべて行ってくれて、自分はカラダひとつで現地へ飛んだのだった。
現地ではレンタカーも自ら運転していたのだけれど、どこの空港で降りて、どこに泊まって、…名前すらでてこない。
18年の月日が経って記憶が薄れている?!...いや、その前後に訪れているテキサスとかシカゴでの事ははっきり覚えているので違うと思う。


釣りの取材だったので湖では写真を撮ったがそれ以外では…当時のアルバムもひっぱりだしてみると写真はった数枚だけ。
ちょうど今このBlogを書いている同じ10月でハロウィーンの時期だったようだ。
テネシー州のハロウィーン

テネシー州のハロウィーン
こうやって写真をみてもほとんど記憶が蘇ってくることがない。
夜はスタッフ達と現地のレストランに行って、何かを食べ、何かを飲んだはず。
それすらも思い出せない。


記憶が薄いのは何故か!?
理由は薄々とはわかっている。
それは...
≪自分で旅を組み立てていないから。
いわれるがままに、飛行機に乗って、泊まって、仕事をして、食べて、
それらすべてを会社が手配してくれて、自腹も切ってないからだ≫
と思う。
やっぱり≪旅は自分で作るもの≫だなぁ。
いろんな苦労があるけど、だからこそ喜びもあるし、だからこそいつまでも記憶に残るんだろうとおもう。


いつかまた機会があれば、今度はすべてを自分自身で手配して訪れてみたい。
テネシー州
そう、テネシーといえば、若いころに好きで良く飲んでいた”ジャックダニエル”の故郷だ(笑)
オールマンブラザーズバンドでも聴きながらウィスキーを飲るのもいいかもね☆


…Leaving out of Nashville, Tennessee,
They're always having a good time down on the bayou,
Lord, them Delta women think the world of me♪






2015年10月19日月曜日

「大丈夫。あなたは今生きているじゃない」と微笑まれた☆Caracas-Venezuela

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロアサクラ’S 旅エッセー(16)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ベネズエラの首都・カラカス(Caracas-Venezuela)を訪れたのは1997年のこと。
米国のマイアミからカリブ海上空を飛ぶこと数時間。


殺人発生率は世界最大。想像もつかないほどの治安悪化。渡航の是非を含め自らの安全につき真剣に検討を行い渡航・滞在する場合も、各種犯罪特に強盗、誘拐及び麻薬関係の犯罪に巻き込まれることのないよう十分な安全対策を講じることをお勧めします(外務省・海外安全HP・他より抜粋)

こんな南米ワースト、どころか世界一危険といわれる場所へ到着。
空港から出て市街地のホテルまでタクシーに乗ったのは夕方。
日没を迎え車窓から見える丘に無数の灯がともりはじめた。
瞬く星々のようなすごく素敵な光景だった。
「あの丘はスラム街。みんな街の電線から無断で繋いで電気を使っているんだ」
片言の英語が話せるタクシーの運転手はそういった。
…とんでもない国へ来てしまったと思った。


予約していたホテルへ到着しフロントでチェックインしようとしたら...
○○ホテルは2ブロック向こう。ここは◎◎ホテルです」(ホテルの名前は失念)
名前は似ているが違うホテルへ連れてこられたようだった。
後々知ったのだがこのタクシーに通常の倍以上の金額を支払っていた。平たく言えばボラれてました。
「2ブロック400m位なら歩こうか?」
と同行のアメリカ人のデーブ(Dave)と話していたら、フロントのお姉さんが
「こんな夜に絶対ダメ(=外国人だと強盗に会うわよ)」
とタクシーを回してくれた。
しかしたった400mでまたまた足元を見られ2000円位も取られた。
なんつー国へ来てしまったんだとまた思った。


そして...
夜、ホテル内で夕飯を済ませ部屋で(なんと)3重の鍵をかけて寝ていた。
真夜中、ガチャッガチャッ!とドアノブを回す音がする。
きっと同行のDaveが用事があってオレの部屋にきたんだろう・・・てかアイツまさかのモーホーじゃないだろうな!? まぁ、いいや、眠いし。
なにしろシカゴからマイアミ経由でカリブ海を飛んでベネズエラまで丸一日移動だったので疲れていた。
数回、ガチャガチャ音がしていたがあきらめたようだ。


今度は外でパンッ! パンッ!と乾いた音が響いた。
どう考えても銃声。
過去に拳銃を突きつけられた過去のトラウマがあるのでホントに怖い(苦笑)
Daveの部屋に電話をしてみた。
「Dave、今オレの部屋に来たよね? そんで銃声聞いた?」
「ふぁぁ?what's up?」
Dave、寝てましたから・・・ということは部屋のドアノブを回したのは一体誰?
朝まで怖くて寝られず終いだった。


翌朝、チェックアウトの時に銃声のことを告げたら
「良くあること。ここは南米で一番治安が悪いのだから」
と。
ドアノブガチャガチャのことを告げたら
「大丈夫。いま、あなたは今生きているじゃない」
とフロントのベネズエラ美人にっこり微笑まれた。
・・・なんつー国なんだ(現地で何回言ったかこの台詞)


ところで、首都カラカスでの写真が1枚もない。
理由はカメラを旅行鞄の奥底に隠していたからに他ならない。
また、当時は携帯電話にカメラ機能はなかったし、たとえ携帯を持っていたとしても身につけず隠していたと思う。
二度と訪れたくない、と思ったのはいろいろ訪れた土地の中で初めてかもしれない。
それぐらい”やばい”空気を感じる街だった。


ちなみにネットから拝借画像ですが冒頭の「丘に無数の灯」です。
盗電
これらは、ほぼ東電…いや盗電。あ、どっちもどっちか(笑)










2015年10月13日火曜日

ハイナン島でUFOを目撃!? その正体は??

(2010年1月末~2月頭 家族旅行で訪れた中国海南島(ハイナン)での出来事です ← クリックで旅記事へ)


中国・海南島を家族旅行中、夜、ホテルのベランダで夕涼みしていると息子が「なんだアレ?」と。
なにやら不可思議な光が海の上に浮かんでいます。
実際の写真です。
ハイナン島でUFOを目撃!? その正体は??


ゆらゆらと不規則な軌道で動いています。
「ヘリかな?」「音しないし航行灯もないしだいたい動きもヘリじゃないよね」「なんだなんだ??」
(こんな感じの軌道でした)
ゆらゆらと不規則な軌道で動く海南島の不可思議な光体


「え? 2個…3個…いつの間にか4つ5つも浮かんでる!!!」
光体は1つだけでなく2つ3つ…と増えてきます。
「あ、ひとつ突然消えた!」
「え~、不思議。一体なんだ???」
「さすが中国だよな。何がなんだかわからない」
好奇心旺盛な自分たち(笑)
「あそこは海岸だよね。近いし行ってみよう!」
「ぼくが ゆーふぉーを つかまえてやる!」
「笑」

海岸へ出ると夜空には相変わらず不可思議な赤い光がゆらゆらと浮かんでいます。
その方向へ向かっていると背後から...
買多啲啦買多啲啦買多啲啦買多啲啦買多啲啦……
少女たちが「買って、買って!」と手に何かを持って声をかけてきましたよ!
買多啲啦 中国・海南島の不可思議光(ufo)の正体 Sky Lantern



周りにはこの少女から買ったこの袋を開けて火をともす人たちがちらほら。
海南島UFOの正体はコレ(笑)
空に浮かぶスカイランタン ( 天灯 )
…これは頭になかった。
UFOの真実なんて、こんなものも多いのかもね(笑)





2015年9月2日水曜日

We've finished our work!

帰国便は夜中発なので夜23:00頃と遅くにホテルをチェックアウトです。
チェックアウトタイムは昼なのですが、事前に予約したときに+1泊多くとっていましたので夜までゆっくりです。
ホテルでレイトチェックアウトを頼むと正規レートの半額とかになることが多いです。エクスペディアのセールを使って予約をしていますので1泊プラスしたほうがそれよりずっと安く滞在することができます(^^)v
通りでタクシーをつかまえ値段交渉料金で空港に向かいます(^^)v
ホテルをチェックアウト


空港です。
入口を埋め尽くす勢いで繰り広げられる中国人観光客の荷物整理の光景です。成田でもよくみかけます。
爆買いで預け入れが重すぎて超過料金をとられるから、それを避けるために持ち込み手荷物として分散させているんだそうです。
そんなのはホテルでやってくればよいのに、と思いますが…
中国人観光客の荷物整理風景



買い付け、マラソン、その他いろいろありましたが…お疲れ様でした。
買い付け、マラソン、その他いろいろありましたが…お疲れ様

We've completed! 



2015年9月1日火曜日

バリ島グルメ情報☆ワルン マック ベン (Warung Mak Beng)

今回滞在最後の夕飯はジャラン ハントゥア・パンタイの魚料理専門店、
ワルン マック ベン (Warung Mak Beng)へ。
サヌールの中心あたりから見れば外れた場所なんですが、滞在していたムンタリサヌールホテルからはメチャ近くて実はこの滞在で2回目です

魚料理で70年以上営業を続けているという老舗のローカル・イカンゴレン(揚げ魚)のワルンです。
ワルン マック ベン (Warung Mak Beng)


メニューはワンメニューです。
下のMINUMANって書いてあるのは飲み物です。
現在のレートだと数字末尾2つの”00”を取るとだいたい日本円になります。
あとはメニューにないエビせんべいやピーナッツなど(日本円で10円~50円程度)がレジ横においてあります。
老舗のローカル・イカンゴレン(揚げ魚)のワルン☆サヌールのマックベン



ローカルに人気の店なので混んでいますがすぐにサーブされます。
ごはん+イカンゴレン(揚げた魚)+魚スープでRp.34,000(≒約340円)です。
相席だったローカルのバリ人も「これ辛いね~」とスープを残していたほど激辛です。
イカンゴレンの皿に乗っているサンバルも激辛なんですがその辛さの中に絶妙な味わいがあります。
だからリピっちゃうんですよね(^^;;;汗が止まりません
老舗のローカル・イカンゴレン(揚げ魚)のワルン☆サヌールのマックベン
観光客向けでないパンチのあるバリのローカルフードを食べたい方向けです。
子連れだったらやめた方が無難です。




インドネシア語のみ。英語メニューあり
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2015年9月時のものです。
バリのワルンや屋台での食事は、観光客向けのレストランなどと違い、
誰にでもおすすめできるわけではありません。この記事を見て訪れる方は、
衛生状態などをご自分の目で確認して自己責任でお願いします

バリ島グルメ情報☆ブレッドバスケット(Bread Bascket)

サヌールのメインストリートのタンブリンガン通り(JL.Danau Tamblingan)のハルディスマーケットからちょっと北に進んだところにオシャレっぽいパン屋さんを発見!
カフェコーナーもあるようです。
ちょうど3時過ぎでお茶するにはいい時間(笑)
ブレッドバスケット(Bread Basket)
に寄り道することにしましたよ。
The Bread Basket - Sanur,BALI


パンとケーキが並んでいます。
The Bread Basket - Sanur,BALI


自分はアップルパイとアラビカコーヒー、eimy店長はストロベリータルトとカプチーノ。
シンプルで変に飾ってない味で美味しかったですよ~!
値段は忘れちゃいました~…が全部で約1000円位だったと思います。
ローカルの店ばかりにいってると、こういうオシャレ系のお店って強気な価格に感じます(^^;
The Bread Basket - Sanur,BALI


ポップなインテリアです
The Bread Basket - Sanur,BALI


ケーキは激甘なインドネシアのケーキっぽくなく美味しいし、清潔でなかなかいいお店なんでしょうけどなんか印象が薄いなぁ。
というのもアップルパイを食べながら約1か月前にベトナム・ニャチャンのK&Tのケーキの美味しさとフレンドリーなオーナーとの会話がフラッシュバックしたからです。
なんていうか、こういうチェーンではない(?)こじんまりとした店には、オーナーとか職人さんがいて会話とかも楽しむのもイイんですよね。ちょうど訪れたときにいた店員さんはマニュアル通りのバイトっぽい方ばかりだったので…。




○英語が通じます
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2015年9月時のものです。



バリ島グルメ情報☆ワルンクチル(warung Kecil)

サヌールのハイアット(休業中)の南の横道にある...
ワルン・クチル(Warung Kecil)
へやってきました。


店名のとおり”小さな(クチル kecil)”ワルンです(笑)
ワルン・クチル(Warung Kecil)




清潔感もあってワルンっていうよりカフェ・・・デリカッセン的な感じです。


場所と清潔感からすればそこそこリーズナブルです。
ワルンクチル サヌールのナシチャンプル屋さん


自分はE(約350円)、eimy店長はD(約300円)。
味や辛さはローカル向けではなく観光客向けに手加減してある感じですが、どのおかずも美味しいです(^^)
ワルンクチル サヌールのナシチャンプル屋さん


飲み物はココナッツまんまをオーダーしました。
ま、ココナツ水は生ぬるいし味も実はあまり好みでないですが、果肉部分を食べたかったので(笑)
ストローの他、中の果肉をそぎ落とすスプーンもついていて最初に食べるとこれだけでお腹いっぱいになるので注意です(笑)
値段は忘れちゃいましたがRp.15000(約150)位だったと思います。
ワルンクチル サヌールのナシチャンプル屋さんのココナッツ





予算は…ナシチャンプル+ドリンクで一人500円程度
○英語が通じます ○トイレはペーパーもあり綺麗。
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2015年9月時のものです。
バリのワルンや屋台での食事は、観光客向けのレストランなどと違い、
誰にでもおすすめできるわけではありません。この記事を見て訪れる方は、
衛生状態などをご自分の目で確認して自己責任でお願いします

レンタル自転車☆Explore Sanur by Rental Bicycle

あっという間に滞在最終日になってしまいました。
マラソンと仕事も無事終了し、あとは夜の帰国便の時間までフリーです。

久しぶりのサヌール滞在だったのでちょっといろいろ行きたい所や、ここ数年で変わった場所をみたくなりました。
こういうときに便利なのがレンタル自転車。
色んな小道にも気軽に入っていけるし、バイクのように警察に止められて不当なワイロを要求されることもないので気分も楽です(^^)

自転車、バイクなどレンタルショップは観光客のいる街ならどこにでもあります。
宿泊しているムンタリサヌールホテルにもありましたが1台1日Rp.50000(≒500円)でした。
ホテルからすぐのレンタル店の自転車にはRp.5000(≒約50円)の表示。
とっても安いけどこれはきっと1時間とかの値段なんでしょうね(笑)
レンタル自転車☆86Rental Bicycle,Sanur


案の定…1時間の値段でした。
8時間借りることにしました。1台約250円です。鍵も貸してもらえます。
レンタル自転車☆86Rental Bicycle,Sanur


自転車は気軽ですがやっぱり大通りは交通量、特にバイクが多いので注意です。
レンタル自転車☆Explore Sanur by Rental Bicycle


しばらく会ってなかったお友達に合いに行ったり...
 サヌールのお友達 ジュリア


仲良しのマデちゃんのワルンに行ったり。”地球の歩き方”に掲載されて大人気だそうですが…ね、マデ。なんとかなるさ。
サヌールのお友達の店 warung De'r


マデちゃんとeimy店長が女同士の募る話をしている間にヘアカットに行ったり。そういえば最近は海外でしか髪の毛を切ってません(笑)
サヌールの名もなき美容室でヘアカット POTONG RAMBUT


気になる新ワルンやカフェにランチやお茶しに行ったり(これは別記事で)しながら海岸へ。
レンタル自転車☆Explore Sanur by Rental Bicycle


サヌールのスマワン海岸(pantai Semawang)です。
指さしているのはここから約10㎞ちょっと離れたヌサ ペニーダ(ペニダ島 nusa Penida)です。この間はバドゥン海峡といって大きな魚が釣れますしイルカもたくさんいます。空気が澄んでいると50㎞位離れたロンボク島のリンジャニ山(3,726m)を見ることもできますが残念ながら今回は見えませんでした。…それにしても髪の毛をちょっと切りすぎました~><;
レンタル自転車☆Explore Sanur by Rental Bicycle


サヌールの北端までサイクリング。旧き良きバリの海岸って感じでとってものどかな風景がひろがっています。
レンタル自転車☆Explore Sanur by Rental Bicycle

久しぶりにレンタルしてみましたが、やっぱり小回りが利くのでなかなかイイですね~(^^)



バリ島の日の出を見るならやっぱりサヌール

お店で「今度初めてバリに行こうと思っていますがどこがいいですか?」とよく聞かれます。
滞在先選びはいろんな要素があるでしょうけど、太陽でいえば、朝日派はサヌール、夕陽派はクタ・レギャンがイイでしょうね(笑)


サヌールはバリ島の東側のエリアなので水平線から太陽が昇ってくるのを見ることができます。
これを目当てに海岸沿いを散歩したりする人がかなり多いです。
ただ年齢層が高めですね(汗)
Pantai Sanur ・ sunrise in the morning



私たちじゃらんじゃらんスタッフも自分ではまだまだ若い!と思っていますが年齢層高めの方に入るんでしょうか!?…ま、朝日を浴びながら走ります。めちゃくちゃ気持ちいいです(^^)v
Pantai Sanur ・ jog in the morning

Pantai Sanur ・ jog in the morning


この日9月1日はちょっと雲が多めだったのでせっかくの朝日もちょっといまいち。
『サヌールの朝日でなんかいい写真ないかなぁ』と探したら、サヌールっ子のマデちゃん(お友達)から先日LINEでもらったのがありました。素晴らしいバリの朝日なので貼りますね(^^;
バリ島の朝日 サヌール



ちなみにバリ島西側に位置するクタビーチから前(2012年2月時)に撮った写真も貼っておきます。こちらも素晴らしい夕焼けでしたよ!
クタビーチから前(2012年2月時)に撮った夕焼け