Translate

2015年5月28日木曜日

多様な食文化・小2のキミがその看板を見て決めたこと

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロアサクラ’S 旅エッセー(6)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年7月、家族でベトナムのダナンを旅行中。
ミーケビーチの海に面した大通り沿いを散歩していた。
午後5時をまわりお腹がすいてくる時間。
通りには目の前の海で水揚げされた生きた魚介が水槽に入って陳列された海鮮レストランがたくさんあっていい匂いも漂っている。
「どの店で食べようか? 混んでる店は外れないかもね~」などと話しながらのレストラン物色。


そんな中に回りと違う雰囲気の食堂があった。
「ねーねー、お腹すいたよ。この店混んでるからおいしい店なんじゃない?」
と息子。
混んでる店=美味しい店と刷り込みが過ぎたか!?

看板を見て一発でわかる"犬肉料理"の店。
男性客ばかりで売春婦が数人外で待っている光景。
店から出てきた客が、その女性の一人と一緒にどこかへ消えていった...

ベトナム ダナンの犬肉料理食堂

軽い既視感。
そういえば2010年にここから直線で250㎞くらいの中国・海南島の三亜を訪れたときも同じような光景をみたっけ。
自分は犬をとても食べ物とは思うことはできないから食べる気もしないけど、”精がつく食べ物”といわれていることぐらいは知っているし、この辺りで長年続いてきたと思う食文化だから否定はしない。

幼い息子にもうわべだけのキレイ事を教える必要もないと思ったし、もし彼が食べてみたいといったらどうしようか!?…ということも頭をよぎった。
「そうだね。ここは混んでるね..」
とだけ言ってみた。

彼は無言で頷いて店の前を通り過ぎた。
教えなくても小学校2年生の息子は看板の絵を見て、ここが何の店で自分が食べたいものなのかどうか!? ということを自ずと理解したようだ。
「あ、あっちの店混んでる。あれ伊勢エビかなぁ。食べたいな~!」
といい匂いがする海鮮屋台レストランに向かって駆けだした。
ダナン シーフード屋台レストランにて


TV番組で海外の途上国へ行っていわゆる「ゲテモノ」を食べて軽薄なタレントが「うぇ~」なんて顔をゆがめて言っているのを目にすることがある。
その一方で、都会のモダンな雰囲気のフレンチレストランで美人モデルが「エスカルゴ~!! あ、ウサギもも肉のコンフィ!! 」なんて言いながら食べている絵が流れてスタジオでは「おいしそう」なんて言っている。
生き物を殺して肉を食べているという本質は一緒なのに、フランスのカタツムリやうさぎにはうぇーとはいわない。

こういう見せ方を平気で電波に乗せて放送するTV、それを喜ぶ視聴者。
どちらも発展途上国といわれる国の独特の食文化をこころのどこかで軽蔑しているからなのかな?とふと思った。

食文化は国や地域、そして人の数だけ多種多様だから、
嫌いでも、否定もしない、軽蔑しない、干渉しないのが基本だな、と思いました。











2015年5月27日水曜日

海外の世界地図は日本はセンターでないですよ?

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロアサクラ’S 旅エッセー(5)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1998年、シンガポール。
夕飯を食べにホーカーズ(色んな食べ物屋台の集合する処)に行った。
マレー料理や中華系~お菓子屋や果物屋までいろんな店があって庶民価格が嬉しいフードコートだ。
そこから食べたいものを買ってテーブルで食べていた。

そんな時、JTBだかのバッジを胸につけた成金風の夫婦が現地係員みたいなのに案内されてやってきて座った。
「あら、あなたたちは日本人かしら?」
香水のきついにおいのするオバさん。

現地係員みたいなのがどこからかメニューを持ってきてその夫婦に差し出した。
それぞれ経営の違う屋台なのに総合メニューなんてあるの? とびっくりしたが...

しばらくすると夫婦の前にウェイターが料理を『運んで』きた。
「あらそのフルーツの盛り合わせ、同じね。それはどこの屋台で買ったの?」と奥さん。
”わたしたちはこのバッジで旅行しているから、バックパッカーみたいなあなたたちと違って、ここでオーダーするだけで全部運んできてくれるのよ!”的な明らかに上からのニュアンスを含んだ口調でそう言った。
「へぇ、メニュー表があるんですね。よかったら見せてもらえますか?」
と見せてもらった。
メニュー表のフルーツの盛り合わせの価格は自分たちが屋台から買った値の10倍以上だった。

彼らの食器を下げに来た係員と英語で話していたら気に食わなかったらしく、
「(このバッチを付けていれば)どこに行っても日本語だけでオーケーなのよ、ホホホ」
とあくまでも上から目線。
『お土産に海外の世界地図でも買っていったら?』と言いたくなったのをおぼえている(笑)
海外の世界地図、日本は決してセンターではないですから




















2015年5月26日火曜日

夏休み・ニャチャン探索ゲームの主人公はキミだよ

放課後、近所の公園でばっかり遊んでいた息子も3年生になってから小学校の友達とニンテンドーの携帯ゲーム機を持ち寄って遊ぶことも多くなった。
携帯ゲームは自分は嫌いだし本当はあまり持たせたく…あ、話が脱線しそう(苦笑)
ま、でも子供同士の世界もあることだし、きちんと宿題や手伝いをして遊ぶ分には文句は言わないようにしているが…。

聞いていると 「壁があって越えられないから道を探せ!」「レアなアイテムはどこにあるんだ?」などと指先で出来る冒険に夢中になっているし、詰まると「○○のやり方を検索して~」とやってくることも。

日頃はなかなか一緒に遊んであげられないしなぁ,夏休み位は…なんて思っていたタイミングでExpediaから航空券シークレットセールのメールが届いた。
2015 NhaTrang 夏休み家族旅行
夏休み期間中というのに「こんなに!」という価格の航空券。迷わずクリックしてしまった

まだ食べたことのない美味しいもの...見たことのない景色...検索じゃなくて探索しよう!

夏休み・ニャチャン探索ゲームの主人公はキミだよ!」





 じゃらんじゃらんshopは2015/7/26~31まで夏休みをとらせていただきますm(__)m






2015年5月24日日曜日

ストリートチルドレンの自己防衛

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロアサクラ’S 旅エッセー(4)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バリ島はここ10年で大きく経済成長しているとおもいます。
物価もかなり上がりました。

同時に貧富の差が前より顕著になっていると感じます。

ストリートではまだ幼い女の子が22:00を過ぎても物売りしているのをみかけます。

前よりかなり人数が増えましたね・・・
street children
よろず屋みたいな店の前に置いてあったチェアに腰をかけながらそんな風景を見ていました。
少女は手に持っていた小物を行きかう観光客に100円くらいで売っていました。
そしてそのお金を握りしめて店に入って行って”定規”を買っているのを目にしました。
普通の家庭の子が夜、家で普通に勉強や工作するように、彼女もそうしたいんだよね。
同じ歳くらいの子供を持つ身としては複雑な気持ちになりますが、この子は”物”を売っているだけまだマシだとも思います。
明らかに10代前半の少女が欧米、そしてまた日本人の大人と手をつないで怪しい宿(ホテル)に消えていく光景も夜のバリの繁華街では日常茶飯事だからです。

”物を売ることで春を売らなくて済むようにね”
”Only you can make yourself happy. ”

...と少女に心の中で声をかけその場から離れました。













2015年5月23日土曜日

旅にでようよ! PCでは決して見ることのできないホンモノを見に!

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロアサクラ’S 旅エッセー(3)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グーグルアースや検索でバーチャルな世界旅行を楽しむ、という人が多い、という。
”わざわざ出かけなくてもリスクのない旅行気分”を味わえるかららしい。
時代は変わったんだな、ということを実感しています。
そしてまた、実際の海外旅行中でもスマートフォンに視線を落としている人の多いこと…。
例えば目の前に素晴らしい景色や美味しい料理があるのに、スマートフォンばかりに視線を向けている人をみると正直「キミは何しにきたの?」って思いますね。


3年前。
子連れでバリを訪れたとき、これまでの人生のなかで3本指に入るほどの夕焼けと出会った。
ゆっくりと濃密になっていくオレンジからインクブルーのグラデーション。
リアルを通り越してフィクションなのでは!?と思えるような無限の陰影を持つ夕焼け。
時空が止まったような錯覚。
当時5歳の息子も自分の傍らで空を見つめたまま固まってしまった。

matahari terbenam バリの夕日
Pantai Kuta / February 8, 2012 
「アメイジング!」という隣の白人のつぶやきでふと我に返ってデジカメのシャッターを押した。
圧倒的な臨場感。
その瞬間の光と影。頬を撫でていく海風の匂い。
それは「検索した画像」では決して味わえないホンモノだ。

この記事を書いている2015年5月。
小3になった息子に「夏休みはどこに行きたい?」と尋ねても、ニンテンドーDSでyoutubeのドラえもんをみていて上の空だ。

” どこでもドアみたいにはすぐにいけないけどさ・・・
クリックした画像では絶対見ることのできないリアルな色を見にまた旅に出ようよ!! ”

と、そんな時思いがけなく親子旅が決定しました!
→”夏休み・ニャチャン探検ゲームの主人公はキミだよ








2015年5月20日水曜日

Meet The Real Me☆I love BALI

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロアサクラ’S 旅エッセー(2)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

若い頃から現在まで、それこそ日本の裏側までいろんな国をプライベートや出張で訪ねた結果、
例え仕事がらみでも海外に行くなら「やっぱりバリ!」って
思う。

リゾートエリアから一歩コタ(州都)に入ればそこはクラクションと排気ガスが渦巻くリアルな東南アジアの街。
どこからともなく漂ってくる美味しそうな匂い。
どこかのモスクから流れてくる宗教歌。
バリ人はもちろん、ジャワやロンボクなど他島からやってきた人、インド系、華僑系、アラブ系etc...さまざまなルーツを持つ人種であふれている。
いい人間もいれば悪い人間もいる。
パサール(pasar 市場)に足を踏み入れれば、食べ物が本来持つ強烈な臭いと匂いが入り混じる。
ずらりと並べられたフルーツはどれも新鮮で美味しそうだけど、見かけだけで不味かったり、中には腐っているものを平気で置いてあったりする店だってある。
どの店も商品に定価なんか書いてないから交渉制。
カオス(混沌)過ぎるから見極める目が必要になる。

ここ日本で日々の暮らしは物質的には恵まれているしとっても安全で何をするにも便利だよね。
食べ物には賞味期限とか書いてあるし、わざわざビタミンC入りとかパッケージにかいてある。
ある意味無意識に買わされてるよ。
スーパーの肉や魚なんかラップされているから命を戴いているという生臭さもない。
カッコウつけてるようだけど心のどっかがそれを嫌うんだよね。
人間が本来持っている感覚や勘、想像力・創造力のようながもの鈍ってくる気がする。
うまく言えないけど、例えるならラジオのチューニングがズレてノイズが混じってくるような感覚かな。

バリの市場で鶏を売る女性

捌かれた鶏がどんどん売れていく

…そんな時、バリ行って、生きることのリアルさに触れたり、自分の勘を信じて物を選択したりすることで”自分自身を再チューニングできる”ということを心も身体も覚えているし、それを欲しているんだろう...と。
バリが好きすぎる理由は”本当の自分を取り戻せる場所だからなんだな”と書いていて改めて思いました。

アジアの街の混沌の中で無事ひと仕事を終えた夕方。Hiroaki Asakura at Pantai Kuta,Bali
気分がアガってジャンプしたくもなります!!(40代とか関係ない 笑)



2015年5月19日火曜日

-OUR JOURNEY、OUR WAY-  じゃらんじゃらん through Life with JOURNEY


┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロ アサクラ’S 旅エッセー(1)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


20歳の初海外から現在まで、
パスポートに押されたスタンプひとつ〃〃には、旅先でのたくさんの経験や思い出が詰まっている。
まるでジグソーのピースのようだ、と思った。
旅先での経験はジグソーのピースだと思う
一度きりの人生は約80年
30000日からのカウントダウン。
自分たちは今40代半ばだから、健康に暮らしても残された時間はあと13000日前後ってところだろうね。
動けなくなるまでの時間であとどれだけのピースを集められるだろう?
そしてそれはどんな絵になるだろう?
ありきたりな表現だけど、本当に人生って旅そのものだと思う。

人生なにがあるかわからない。
だから仕事でもプライベートでも大好きな旅にどんどん出ようと思ってます。
Take a Walk Through Life with JOURNEY 
OUR JOURNEY,OUR WAY.
じゃらんじゃらんしながらのピース集め。
旅を通して人生散歩の気分で、時には立ち止まったり振り返ったりしながら、自分たちのやりたいように、自由に楽しく生きようと思っています。

いつか未来、最後のピースをはめたとき、
「いい旅してきたよね」
と笑って言えるような”(=人生)”になっていたらいいな...と。







※じゃらんじゃらん(jalanjalan)はバリの言葉でお散歩の意味です