Translate

2015年7月31日金曜日

無事到着。次は!?

「もうついちゃった...」
子連れのニャチャンの旅はあっという間に終わりました。
ARRIVAL 成田空港


帰国後数日経って息子が手がけはじめたのは夏休みの宿題のひとつ、自由研究です。
今回のベトナム・ニャチャン旅行での発見や疑問点などを絵日記風に仕上げたようです♪
夏休みの自由研究
実際に自分の目で見て、手で触れて、舌で味わって感じたことetc...を素直に書きだしたようです。


旅っていいね。
次の冒険はどこにしようか!?(笑)




2015年7月30日木曜日

インフライトミール VN1560・VN310

帰路 ニャチャン―ハノイ―成田の機内食です。


Inflight-meal VN1560
ベトナム国内線 ニャチャン(CXR)―ハノイ(HAN)
Inflight-meal  VN1560 ニャチャン―ハノイ (ベトナム国内線)

水平飛行になるとサーブされる簡素なサンドイッチパンとピーナッツ。
Inflight-meal  VN1560 ニャチャン―ハノイ (ベトナム国内線)



Inflight-meal VN310
ハノイ(HAN)―成田(NRT)
ベトナム航空 310便 ハノイ→成田

日本時間で朝5時ごろにサーブされます。
Inflight-meal VN310 ハノイ―成田

Inflight-meal VN310 ハノイ―成田

Inflight-meal VN310 ハノイ―成田



さよならニャチャン!

ニャチャンでのホリデイ…5日間なんてあっという間。
チェックアウトは正午で息子に忘れものがないかコンファームを頼みました。
子供にチェックアウト時の確認をさせます


出発時間まで荷物をロビーで預かってもらい、ランチを食べに行ったり、ホテルのプールサイドで寛いだりしているとあっという間に16時。帰る時間が近づいています。
ギリギリまで滞在できるようにwebチェックインしようとラップトップを立ち上げましたが…ヴェトナム航空のwebチェックインはニャチャン発は対象外みたいで不可能みたいです。(ハノイ―成田は可能でした)
フライト 旅程表



宿泊しているデンドロホテルのすぐ裏にはニャチャン空港というエアポートがあって前はここを使っていたらしいのですが、現在は30~40分かかるカムラン空港が旅客機の空港になっていてそこまで移動しなければなりません。
ナトラング ニャチャン空港


フライトが20時ごろなので空港へは18時入り予定です。
ちょうど夕飯の時間と重なりますが、到着時に見たとき食べる場所がほとんど何もなかった印象だったので、タクシーに乗る前に街中の屋台でバインミーを購入しました。


大通りには色んなタクシーがいますが比較的安心できるヴィナサンタクシーを止めて空港までの料金を交渉して乗り込みます。
空港ゲート料込み?で365000VND(≒2080円 2015-07のレート)から下がりませんが仕方がありません。
ちなみにドライバーはメータ―を回していましたが…メーター表示は574000VND(≒3270円)でしたね。

Cam Ranh International Airport


チェックイン開始時間とほぼ同時に空港入りし無事並び席も取れてお腹がすいてきました。
案の定、食べるところがほとんどないし、パンとか飲み物も空港価格(高い)。
バインミーを買ってきて良かった~!
空港で街で買ってきたバインミーを食べる

さよならニャチャン!



ニャチャングルメ情報☆マライコフタが美味しいOMAR'S INDIAN RESTAURANT

海外に来ると日本食が恋しくなる人も多いけど、自分は何故かインド料理が食べたくなるみたいです。
ホテルのすぐ近くに美味しいインド料理レストランがあると聞いて...あれ、でも朝ジョギングしてたときにそんな店あったっけかなぁ!?と思いながら訪れてみたら…
まさかの解体中で”改装するから同じオーナーが同じクオリティと価格でやってる店があるからそこに行ってくれ”と書いてあります。
ちょうどやってきたタクシーを止めてドライバーにこの張り紙を見せて連れていってもらいました。

オマーズ インディアンレストラン(OMAR'S INDIAN RESTAURANT)


37番のマライコフタをオーダー。


しばらくして美味しそうなにおいとともに運ばれ来てました。
マライコフタ(Malai Kofta)
マライコフタ(Malai Kofta)はカッテージチーズ、パン生地にカシューナッツをいれて丸めた肉団子風のボールが入った濃厚でクリーミーなマイルドカレーです。


息子は初めて耳にした料理の名前に怪訝そうでしたがひと口で「うめ~♪」と独占(笑)
マライコフタ(Malai Kofta)


インドの鶏から揚げ”チキンパコダ(Chicken Pakoda)”をつまみながらビールを(笑)
そのまま食べたりチャツネをつけて味を変えて楽しみます(^^)
チキンパコダ(Chicken Pakoda)


漁港の町ニャチャンだからシーフードカレーもオーダーしてみました。
具は見えないけどプリっとしたエビが入っていてこれも美味しい!
シーフードカレー


インド料理といえば飲み物はラッシー。息子も気に入ったようです(笑)
ラッシー


わざわざタクシーをつかまえた甲斐がありました。
美味しかった~満足♪



予算は…1人 飲み物+料理で1000円以内程度
おすすめは…マライコフタ(80,000VND ≒450円)
英語表記メニューあり。英語が通じます。
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2015年7月時のものです。


2015年7月29日水曜日

ニャチャンの街をじゃらんじゃらん(おさんぽ)

街を歩いているとキリスト教会があったので見学させてもらいました。
宗教や信仰を持たない自分にはわかりませんが、心のよりどころにしている方も多いんでしょうね…
ニャチャンの街をじゃらんじゃらん(おさんぽ)


手持ちのVND(ベトナムドン)が少なくなってきたので銀行で両替を…最初に入った小さな銀行では「日本円は交換してないです」と断られました。
ベトナムの銀行の営業時間は大抵17:00頃まで。この時点で16:50ごろ。
あそこなら大丈夫だろう!?と海岸沿いの大通りのランドマーク的な”ニャチャンセンター”にある銀行へ行ってみました。
入口のFOREIGN EXCHANGEの看板にはロシア・韓国しか掲示してなくて不安でしたが、無事日本円をVNDに交換してもらえました(ホッ)
ニャチャンの街をじゃらんじゃらん(おさんぽ)



夕飯は”YEN'S RESTAURANT”というベトナム料理が美味しいといわれている処へ。
予約なしで席につけたまでは良かったのですが、隣のテーブルにいた中国人大家族が大迷惑。
うるさいだけならまだしも、騒ぎまくって食器を落として割ったり、子供がうちのテーブルまでやってきて息子にちょっかいをかけてきたり、あげくはキムチやつまみを持ち込んで料理が運ばれてくる前に平気で食べていて店員さんに注意されてたり、マナー以前の問題でなんか落ち着きませんでした(ふぅ)
ニャチャンの街をじゃらんじゃらん(おさんぽ)
バイオリンの生演奏もあってゆっくり食事を楽しみたかったんですが、トリップアドバイザーでかなり上位の人気店らしく終始大混雑の店内。あまり落ち着きませんでした…ちなみに料理は肉まん以外は美味しかったです。中でもベトナム風のお好み焼き”バインセオ”が美味でした。



夕飯後のそぞろ歩きはナイトマーケットへ。
ここも一昔前の原宿の竹下通りや年末のアメ横を思わせるような大混雑です。
そんな中、eimy店長と息子のあとを追うように歩いている数人のベトナム人が気になりました。
勘ですがスリ集団。
割って入って睨んだら退散していきました。やっぱりね...。
ニャチャンはサイゴンよりは安全に思えますが夜の人混みは注意しないといけないようです。
ニャチャンの街をじゃらんじゃらん(おさんぽ)



大勢の人が集まる広場にでると、ネオンのような光が地面をキラキラ照らしています。
興味をひかれた息子が「なんだアレ?」と近づいていきました。
息子と同い年くらいの少女が物売りしていました。
時間は夜22時近くです。この少女にどんな事情があるのかはわかりませんが生きるって大変です。
ハイナン島でもバリ島でも同じような光景をみている息子は黙って通りすぎました。
ニャチャンの街をじゃらんじゃらん(おさんぽ)




美味しいベトナムブレンドを作っている珈琲豆店で視察と勉強

息子が「疲れたから夕飯にいくまでホテルで寝てていい?」と。
時間ができたのでベトナム産アラビカ豆を使ったブレンドを作っているというコーヒー豆専門店を訪ねました。


メモ帖を傍らに英語のできるスタッフさんといろいろ。
 


バカンス中なのに仕事中の顔になってます(笑)


店員さんのイチ推しはニャチャン・ブレンドという銘柄です。地名まんまのネーミングはうちの七日町マイルドブレンドに通じますね(笑)
結構深煎りなんですが、ストレートで飲んでも苦味より甘味が前面にでて、コクの余韻がいつまでも尾を引きます。
そうそう、コレです! 目指しているのはこの独特の美味しさ(^^)v



ベトナム式フィルターは日本ではほとんど使われてないので、日本で良く使われている1~3穴フィルターやプレスなどの抽出器具でこのブレンドを美味しく飲むことができる挽き方の設定とかも教えてもらいました。


ベトナムはコーヒー豆の大産地ですが80%くらいはスーパーで売っている安いブレンドとか缶コーヒーの原料になるロブスタ種。アラビカは希少です。
そんなベトナム産アラビカを使って(ホーチミンシティの人気カフェでレシピを教えてもらって)3年前に作ったじゃらんじゃらんの”ベトナムブレンド珈琲”はリピーターのお客様も多数で”七日町マイルドブレンド””バリのかおり”とあわせてじゃらんじゃらんの3トップ入りしています。
今回の視察と勉強でさらに美味しさがUPすること間違いなし!? です(笑)



ニャチャングルメ情報☆思わず遠い目になってしまう懐かしい味・バインフラン

美味しいケーキのあとにもう一店巡ります。
「ニャチャンでバインフランが美味しい店」と評判を聞いて訪れてみたのは…

ラ・パロマ(LA PALOMA)
ニャチャン 美味しいバインフラン(ベトナム焼きプリン)の店 ラ・パロマ


スプーンで口に運んで「うんっ!(^^)」と笑顔になれます。
素朴だけど濃厚なベトナム風焼き”プリンバインフラン(Banh Flan)”。
一緒にサーブされるシェイブされた氷を乗せて食べても美味しいし、カラメルと混ぜてかき氷にして食べるのもGOOD!
ニャチャン 美味しいバインフラン(ベトナム焼きプリン)  ラ・パロマ
デパ地下にあるような、とろけるプリンとか窯だしプリンとかそういう今風のプリンではなく、しっかりした卵の味と濃厚なカスタードが懐かしい素朴なプリン。
小学生の頃、学校から家に帰ると冷蔵庫にこういうタイプのプリンが作りおきしてあって、タッパーにあったのを直接全部食べちゃって呆れられたことがあったけなぁ…と( ¨)遠い目

ここのバインフランも美味しいですが、ベトナムのカフェのバインフランはたいてい美味しいです。
ニャチャンに限らずベトナムを訪れるとバインフランは必ず食べたくなります。


予算は…バインフラン 1個 15,000VND(≒85円)程度
おすすめは…バインフラン
英語表記メニューあり。英語が通じます。
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2015年7月時のものです。

ニャチャングルメ情報☆シンプルでとても美味しいケーキ! K&T BAKE and EAT

3時のティータイムに絶対訪れたい店がありました。
「ニャチャンでケーキが食べたくなったら迷わずここ」と聞いて楽しみにしてやってきたのは…

K&T BAKE and EAT

K&T BAKE and EAT ニャチャン


小さなお店でホームメイドのケーキやパイが並んでいます。
西洋系の愛想が良い若いおばあちゃんがいてどうやらオーナーさんのようです。
「いらっしゃい。うちのケーキはぜんぶ私が手作りしてるのよ」

K&T BAKE and EAT ニャチャン


さっそくオーダーして席に座ると冷たいジャスミンティーをサービスしてくれました。
珈琲を頼んだら「アラビカのホットコーヒーもあるわよ」ということでオーダー。
eimy店長のチョイスはチョコレートケーキです。
濃厚ですが甘さ控えめ。素朴でとっても美味しい。
K&T BAKE and EAT ニャチャン チョコレートケーキ

自分はレモンクリームのパイ。
シンプルなんですが素材がすっごく良く調和していて美味しい!
日本によくありがちな”有名パティシエがなんちゃら…”的な変に凝ったケーキははっきり言って食傷気味ですが、これはいくらでも食べられる味。ちょっと分かりにくい場所だったけど来て良かった!
K&T BAKE and EAT ニャチャン レモンクリームパイ



オーナーさんはすごく感じがよく、会話は英語になりますがおしゃべりも楽しいと思います。
K&T BAKE and EAT ニャチャン
「どこから来たの?」から始まって「私はギリシャ生まれよ」「日本人はクレバーだし日本はいい国ね」「そんなことないですよ。国だってなんだかおかしいし」「ギリシャほどじゃないでしょ 笑」...などとどんどん世間話が弾み、他にお客さんもいなかったため思わず長居してしまいました。


ご馳走様でした。とても美味しかったです。
ニャチャンにまた来ることがあったら絶対にリピートします。
オーナーさん、元気でいてくださいね!


予算は…ケーキ 1ピース 39,000VND(≒222円)程度
おすすめは…チョコレートケーキ・レモンケーキ
英語表記メニューあり。英語が通じます。
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2015年7月時のものです。

ニャチャングルメ情報☆オリビアレストラン(Olivia Restaurant)

今日のランチはピザがいい!と息子のリクエスト。
「ニャチャンでピザならここ」と聞いてきたのは…
オリビアレストラン(Olivia Restaurant)
オリビアレストラン(Olivia Restaurant)


シーフードサラダに28㎝―Sサイズピザを2枚(シーフードとデミグラス)、飲み物はハウスワインのカラフェをオーダー。
オリビアレストラン(Olivia Restaurant) ピザの店
ピザは外側はサクッとしながら生地にモチモチ感もあって美味しかったです。
ワインはカラフェでもグラスワインと変わらなかったのでフルボトルにすれば良かったかな!?
この後に違う店で食べたいスイーツがあるのでデザートはなし。
ご馳走様でした。とても美味しかったです。


この店の通りを挟んだところにも”The LOCAL2”という名のピザ屋さんがありました。
Nha Trang THE LOCAL2 PIZZA
こちらも繁盛しているみたいです。




予算は…ピザ 28㎝ 85,000VND(≒485円)程度
おすすめは…シーフードピザ
英語表記メニューあり。スタッフには英語が通じます。
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2015年7月時のものです。

2015年7月28日火曜日

ヴィンパールランド(Vinpearl Land) -ラストは遊園地で・楽しすぎて時間が足りない -

時間は18:00をまわってすでに日も落ちて、場内は遊園地らしい賑やかな感じの灯りに包まれています。
プールでのエキサイティングな遊び、水族館での興奮、夕飯もまだなのに3人とも元気です(笑)
まだまだ帰りません...というより息子が「楽しすぎ!」と帰りたがらない(笑)
VINPEARLラストは遊園地エリアで遊ぶことに...。
ヴィンパールランド Vinpearl Land


「ジェットコースターのろう!」
距離は短いながらなかなかスリリングでした。
ヴィンパールランド Vinpearl Land

参ったのがコレです。
ヴィンパールランド Vinpearl Land

電動のゴーカートですが狭いスペースにごちゃごちゃ。
しかも大半が子供の操作(ハンドル・アクセル)なので必然的に前後左右から衝突されます。
カートには大きなゴムバンパーがついていて、スタート前にシートベルトをしっかり点検されて安全対策はされているんですが、結構スピードが出るので正面衝突だと大人でも”うわっキツッ!”と感じるほどのかなりの衝撃を受けます。
自分はむち打ちみたいになり2回目は遠慮させていただきました。
ヴィンパールランド Vinpearl Land


アトラクションすべては制覇できませんでしたが、乗った中でいちばん面白かったのは”アルパインコースター”という山の上から金属のレール上を走るボブスレーみたいな乗り物。
これは長蛇の列で30分ほど待ち時間がありました。
要は、ジェットコースターのアクセル・ブレーキを自分で操作する感じの乗り物なんですが、標高差のある長いコースで左右に振られたり、急に落ちたりスリリングで面白いです。
しかも夜だったので、ライトアップされたケーブルカーの橋脚とか対岸のニャチャンのシティーライトがとっても綺麗で思わず見とれてしまい「ダダっ! ブレーキっっっ!!!!!!!」という息子の叫び声で我にかえり慌ててブレーキをかけたり(苦笑)
ヴィンパールランド Vinpearl Land
ちなみに何度も書きましたがヴィンパールランドに渡ってしまえばこういうアトラクション類はチケットレスですべて無料(フリー)です。



最後に記念撮影。
カメラのタイマーシャッターと同タイミングでのジャンプ(笑)
ひと昔前の心霊番組だったらインチキ霊能力者が「これはまさに幽体離脱ですね」と言い切るような写真みたいになってしまいました。
ちなみにこの写真を気に入った息子...翌朝、デジカメを置いて夢中になって何かやってると思ったら...何度も何度も再現できないか試していたようです(苦笑)
心霊写真に挑戦し続ける我が息子
「男の子ってたんじゅ~っん」とか言われますが、その通りですね


動物のショーとか他にもいろいろイベントやアクティビティがあるようなのですがタイムアップです。みなさん考えることは一緒のようで最終最後まで遊んでいます。
帰りのケーブルも行列が…20分くらい待ったでしょうか!?
ヴィンパールランド Vinpearl Land
ヴィンパールランドは一日ではとても回り切れない、そして思った以上に楽しめるベトナム・ニャチャンの遊園地でした。


【まとめ】
ここ子連れ海外旅行の目的地にイイんではないでしょうか!?
自分は某出銭煮ランドとかよりこっちがイイですね。
島にはホテルもあるんだそうですよ。
ちなみに食事はフォーとかバーベキューみたいなプレートランチしか食べていませんが正直あまり美味しくなかったです。
事前の情報収集もなしでまったく期待しないでフラリと訪れたのに、なんだかこの夏休みの旅のメインになってしまったような感じです。



ケーブルを降りてタクシーでホテルまで戻って「お腹がすいたね」と。
ニャチャンの夜の通り
こんな時間からニャチャンの夜の街へ夕飯を食べにへ出かけます(笑)