Translate

2016年7月31日日曜日

BUA-Restaurantでタイ料理を食べてシーロムの夜をそぞろ歩き☆彡

夕方。
シーロムのプルマンホテルに戻って、自分はジムで汗を流し、息子はプール、eimy店長はデッキチェアでシエスタ...思い思いの時を過ごしていたら時間は18:00を過ぎ夕飯時に。
プルマンホテルから歩10分くらいの路地に、本格的なタイ料理がリーズナブルに味わえる店があるよ、と聞いてやってきました。


大通りから横のコンベント通りに入ってすぐに見つかりました。
コンベント通りのブアレストラン☆タイ料理



オシャレ感はありませんがそこそこ清潔で冷房もある小さな食堂です。
客が入り始める時間で、客層は仕事帰りや一家団らんのタイ人や欧米人客が半々くらいです。
メニューは写真と英語表記つきでわかりやすくて◎。
コンベント通りのブアレストラン☆タイ料理



左:ソムタム…タイを代表する青パパイヤのサラダ。
右:ポメロサラダ…ポメロという柑橘入りのサラダ。グレープフルーツ的な感じです。
どちらも甘じょっぱくて美味しいですが味がちょっと濃いかな!?
シンハービールがすすみます(^^ゞ
コンベント通りのブアレストラン☆タイ料理



息子チョイスのカオパット・プー。蟹入りのタイ風炒飯。美味しい!
コンベント通りのブアレストラン☆タイ料理



eimy店長チョイスはパッタイ。タイ風焼きそばですね。
息子君とシェアしながら美味しそうに食べてましたよ。
見るからにオイスターソースが入ってそうなので牡蠣アレルギーのある自分はパスでした(^^;ゞ
コンベント通りのブアレストラン☆タイ料理


自分はやっぱりタイといえばグリーンカレー。
赤い唐辛子は辛いですが外せば味はとてもまろやかです。美味しい!
コンベント通りのブアレストラン☆タイ料理


いつの間にか満席でしたね。
「このブアレストランの味はどうでしたか??」
コンベント通りのブアレストラン☆タイ料理



 ∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥


ブアレストラン  BUA RESTAURANT
 予算は…1人ドリンクを入れて日本円換算で±1000円程度 
おすすめは…上記参照してください 
英語表記メニューあり。英語が通じます。 
営業時間・定休日 不明
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2016年7月時のものです。



 ∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥


「ね、何か甘いのたべてかない?」「賛成!」「オレもそうおもってた!」
3人とも口の中がしょっぱいらしいです(笑)
シーロムコンプレックスのIBERRYにてアイスを食べたり、BREAD TALKでデザート菓子パンを買って食べたり(笑)
シーロムコンプレックスのIBERRYにてアイスを食べた



散々食べて飲んだカロリー消費に散歩です。
ホテルを通り越しいつの間にかシーロムビレッジまで歩いてきちゃいました。
せっかく来たので中に入ってみましたが閉まってる店が多くて...
ココ、何にもないですね…と帰ろうとした矢先、息子君が動きません(笑)
シーロムビレッジまで歩いてきちゃいました


学校で生き物委員会にすすんで入っているほど生物の大好きな息子君。
池の大きな亀さんに釘づけ状態。いつまでも帰ろうとしません(^^ゞ
「明日も亀さんに会いにこよう!」って…
学校で生き物委員会にすすんで入っているほど生物の大好きな息子君


この後もホテルに戻ってバンコクの夜景を見ながら乾杯したり…
いや~、明日は滞在最終日です。
あっという間ですね…。
ホテルに戻ってバンコクの夜景を見ながら乾杯

…とは言え明日のチェックアウトは15:00だし帰国便の出発は日付が変わる頃だから丸一日遊べます。
3人で予定を考えながらゆっくり夜を過ごしました(*^^*)



LIFE IS SWEETS☆MANGO TANGOに行ってみました☆彡

バンコクB級グルメを求めてサイアムの街ブラは続きます。
ピンクのカオマンガイの後のデザートはサイアム駅前まで戻ってMANGO TANGOへ。
人気店で待ちもある、とのことでしたが日曜午後なのにスムースに入店できました。
でもほぼ満席です。

サイアムにあるMANGO TANGOに行ってみました


マンゴーがズラリと並んでます。
サイアムにあるMANGO TANGOに行ってみました


入口でメニュー表を渡されました。 
日本語も表記されています。
サイアムにあるMANGO TANGOに行ってみました


注文して支払いを済ませると席に案内されます。
マンゴーの形の順番札を渡されるのでテーブルにおいておきます。
サイアムにあるMANGO TANGOに行ってみました


人気店なのでオリジナルのスーベニアもあるんですね。
サイアムにあるMANGO TANGOに行ってみました


数分で運ばれてきました。
これは”FRESH MANGO” 165バーツ(≒495円)
花切りマンゴーに生クリームとミント葉。
マンゴー自体の糖度がとても高くて美味しいです。
生クリームをつけても美味しいけどまぁ要らないかもです(^_-)-☆
サイアムにあるMANGO TANGOに行ってみました


eimy店長のオーダーは店名そのままの
”MANGO TANGO with extre sticky rice” 160バーツ(≒480円)?
蒸したもち米のココナツソース掛けと生クリーム、マンゴーアイス、マンゴープリンのコラボ。
全部入りって感じの賑やかなプレートです。
プリンもシャーベットも一口もらいましたが美味しかったです。
サイアムにあるMANGO TANGOに行ってみました


喉が渇いている息子君は”MANGO Smoothies” 100バーツ(≒300円)
これも美味しいですね!
サイアムにあるMANGO TANGOに行ってみました


とっても甘い完熟マンゴーでどれも美味しかったです。
熱帯で熟れた甘いフルーツを食べるとホントに美味しんですよね~(*^^*)
歩き疲れも飛びますね!
ご馳走様でした<(_ _)>
サイアムにあるMANGO TANGOに行ってみました



∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥



マンゴタンゴ  MANGO TANGO
 予算は…上記参照してください 
おすすめは…上記参照してください 
英語表記メニューあり。英語が通じます。 
営業時間・定休日 不明
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2016年7月時のものです。


バンコク名物店ピンクのカオマンガイを食べる☆Raan Kaithong Pratunam

ラーン・ガイトーン・プラトゥーナムという店名があるのにスタッフがピンクで統一されたユニフォームを着ていることからピンクのカオマンガイと呼ばれる店があるそうです。
バンコクで一番有名なカオマンガイの店なんだそうです。
カオマンガイ(Khao Man Kai)~ベトナムではコムガ―~バリではナシアヤム~シンガポール=シンガポールチキンライス~そして本家本元は海南鶏飯(ハイナンチキンライス)。
多少スタイルに差異はあれ東南アジアの愛されメニューですよね(^_-)-☆
もうねコレは自分でも食べたくなってたまに作る2010年に訪れた海南島では家族3人ともホンモノを食べてますからね(笑)
なので今回のバンコクの旅では絶対に食べたいと思ってました(*^^*)


∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥


ピンク色の人たちが忙しそうに働いているのですぐにココだとわかります。
バンコク名物ピンクのカオマンガイを食べる☆Khao Man Kai


昼時だったので行列です。「案内するまでだいたい10分くらい」だそうです。
1人客は並んでいてもどんどん相席に案内されていきます。
バンコク名物ピンクのカオマンガイを食べる☆Khao Man Kai


待っている間にお仕事拝見。
バンコク名物ピンクのカオマンガイを食べる☆Khao Man Kai


どんどん作っていて盛り付けるだけ。回転が速そうです。
バンコク名物ピンクのカオマンガイを食べる☆Khao Man Kai


鶏を茹でた汁を濾したものですね。
これでご飯を炊きこむんですね。味を決める命のスープ。
バンコク名物ピンクのカオマンガイを食べる☆Khao Man Kai


そうこうしているうちに席に案内されました。
立派なメニュー表があるんですね(笑)
店内は屋根があるだけで窓はありません。扇風機しかないので暑いですよ。
バンコク名物ピンクのカオマンガイを食べる☆Khao Man Kai


オーダーして3分もしないうちに運ばれてきました。
レギュラー皿だと量は少ない感じですね。
もしあなたが大盛派ならラージ、もしくはひとりで2つ頼んでも良さそうな感じ。
バンコク名物ピンクのカオマンガイを食べる☆Khao Man Kai


「ダダが作るのとほとんど変わんない味じゃん! 美味しいよ!」と息子。
アリガトネ(^_-)-☆
バンコク名物ピンクのカオマンガイを食べる☆Khao Man Kai

奇をてらってないシンプルで優しい味で大変美味しかったです。
ご馳走様でした<(_ _)>
ホントは大盛(ラージ=60バーツ)か、息子とシェアの2皿を頼もうと思ってましたが…サイアム駅前に美味しいマンゴースイーツ屋さんがあると聞いたのでそのためにお腹に余裕を持たせておくことにします。
(マンゴー屋さん編に続きます)



∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥



ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム
Raan Kaithong Pratunam
 予算は…カオマンガイ 40バーツ(約120円) 
おすすめは…カオマンガイ 
英語表記メニューあり。英語が通じます。 
営業時間・定休日 不明
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2016年7月時のものです。



バンコクの中心サイアムを街歩き☆BKKに東南アジア感をあまり感じないそのワケは!?

昨日の寺院巡りで息子がNGをだしたのでアユタヤ遺跡観光はやめてこの日は街歩きをすることにしました(^^ゞ

ホテルのあるシーロムエリアからBTSで向かったのはサイアム(Siam)駅。
10分くらいで到着しました。
このエリアはタイの若者の流行発信地で、大型ショッピングセンター、日系デパート、高級ブランドの専門店まであり、何でも揃う買い物天国…な街なんだそうです。
トーキョーでいえば渋谷新宿原宿銀座を足して割った様な感じの街なんだそうですね。

さ、そんなサイアム~スクンビットエリアをじゃらんじゃらん(散歩)です。
バンコクの中心街サイアム~スクンビットエリアをじゃらんじゃらん(散歩)


ISETANデパートの前にデンッと置かれた巨大なオブジェ。
待ち合わせ場所を想定して設置したのかな~!?
渋谷南口のモヤイ像を思い出しました。
バンコクの中心街サイアム~スクンビットエリアをじゃらんじゃらん(散歩)


更に歩を進めるとモニュメントがあってお祈りしている人がたくさんいます。
バラの花束が売っていてそれをささげて熱心にお祈りしています。
街ゆく人に聞けばこれは「プラ・トリムーラティという恋愛の神様で恋愛成就の祠」なんだそうですよ(笑)
バンコクの中心街サイアム~スクンビットエリアをじゃらんじゃらん(散歩)


それにしてもバンコクってホントに都会ですね~。
ベトナムのホーチミンシティなんかも高層ビルがいっぱい建っていて都会なんですが、街はメチャ東南アジア感に包まれてるんですよ。
でもバンコクって着いたときから思ってたんですがどうもそういう感覚がないんです。
どっちかっていうとシンガポールのように少し垢抜けてツンとした感じ。
eimy店長もそう感じていたようで、2人でその理由を考えたんですが、
自分たちの結論としては
"バンコクはベトナムやバリと違ってバイクが少ない。クラクションもそんなに聞こえてこない"
…からなんじゃないかな!?

“バイクの渦、排気ガス、鳴り響くクラクション”
この3点セットは東南アジア感を醸し出す大きな要素なんじゃないかな~!?

…と、いい悪いは別として個人的には思うわけです。
バンコクの中心街サイアム~スクンビットエリアをじゃらんじゃらん(散歩)


ビルだけか?と思うと突然こういう風景が現れました。
発展を続ける力と日本でいう昭和っぽい風景がせめぎあう様子。
東京の品川とか羽田エリアあたりにもありますよね。
ねっとりした熱帯の風が運河を通り過ぎていきます。
こういうの、結構好きです。
バンコクの中心街サイアム~スクンビットエリアをじゃらんじゃらん(散歩)


無数の小さな店が路地を埋め尽くす市場をアジアンザッカバイヤーの目で見てまわりましたが、やっぱり自分たちの主戦場はやっぱりBALI(インドネシア)のようです。今回は純粋な旅行に徹することにしました(^_-)☆
時計屋さんで「ぼく時計持ってないから専用の腕時計が欲しい」と、普段はあまり物を欲しがらない息子が珍しくおねだり。
「お小遣いで好きなの買っていいんだよ」と。
出発前におじいちゃんおばあちゃんからお餞別をたんまり頂いてきた息子(笑)
自分で選んで買ってました。
バンコクの中心街サイアム~スクンビットエリアをじゃらんじゃらん(散歩)

「やった~! 防水だよ」と喜ぶむすこ。
(それタイ製だけに耐性はどれくらい?)とギャグを言おうとしたけどやめておきました(笑)
バンコクの中心街サイアム~スクンビットエリアをじゃらんじゃらん(散歩)

これだけ歩くとさすがにお腹がペコペコ。
近くに行列があります。
ぜひ訪れたいと思っている有名なピンクのカオマンガイの店のようです。




2016年7月30日土曜日

タイスキ屋さん☆MK Restaurant,Silom(Saladaeng)

夜はBTSサラデーン駅直結のシーロムコンプレックス内にあるMKレストランへ行ってみました。
タイの地元の人も通うタイスキのチェーン店だそうです。
時間は18:00前ですがすでに何人かの待ちができています。
中を見るとホントだ! 観光客でないタイ人が6割以上ですね。通勤帰りのお1人様鍋も多い感じ。
観光客の方が少ない感じです。
その昔ゲームデザイナーだった頃、会社帰りに池袋駅直結のデパートのレストランでeimy店長と待ち合わせてよく何か食べて家に帰ったことを思い出しました(*^^*)
こういうチェーン店でもローカルに愛される店って美味しいことが多いので期待できます(*^^*)
MK Restaurant,Silom(Saladaeng)


5分ほどで席を案内され「注文はタッチパネルで操作してください(英語)」とのこと。
MK Restaurant,Silom(Saladaeng)


タイスキ自体食べたことがなく良くわからなかったのでメニューを頼んだら大きなメニューを持ってきてくれました。
こっちの方が分かりやすい。
メニューを見ながらタッチパネルで注文しました。
MK Restaurant,Silom(Saladaeng)


スープが美味しくて飲んでいたらかなり減ってしまいましたが、(無料の)冷たいお茶を注ぎに見回りにきた店員さんが注いでくれました。
火加減は横にあるボタンで自分で調整します。
 MK Restaurant,Silom(Saladaeng)


注文した皿がどんどん運ばれてきます。
食べるのに夢中で(笑)、注文した皿を撮るのを忘れていましたが、シーフードに、お肉に、緑色の麺、海苔巻肉団子、ワンタン、野菜、その他いろいろ。 
シャブシャブというか鍋に入れて火を通して特製のタレでいただきます。
東南アジアっぽい強烈さは皆無というかむしろあっさりしてて胃に優しい感じでとても美味しいです。
MK Restaurant,Silom(Saladaeng)


たまに味を変えて檸檬汁を入れて食べるとパクチー入りのタレと相性が良くてメチャ美味しい。
 MK Restaurant,Silom(Saladaeng)


待っているときに見ていた入口に横のショーケースに吊るされていたローストダックが気になっていたのでサイドオーダーとして注文しました。
MK Restaurant,Silom(Saladaeng)


ローストダックは皮こそパリっとはしていませんが美味しいです。
口に入れると独特の甘味がある柔らかくてコクのある肉とスパイスで使われている(多分)五香粉のいい香りが広がってたまりません。
息子は「もうこんなに頼んだ後だからできないけど、これは最初に白いご飯に乗っけて食べたかった!」という味です。オススメ!
MK Restaurant,Silom(Saladaeng)


鍋はいいですね。
きょう一日を振り返って、そしてまた明日の予定を相談しながら食べていたらいい具合に満腹になりました。
でも具から出たいい出汁が残っているので卵を頼んで雑炊で〆。
MK Restaurant,Silom(Saladaeng)

ご馳走様でした<(_ _)>
自分は普段の生活で、セントラルキッチンで大量にマニュアル調理されたものをチンするだけのファミレス(チェーン店)にはほとんど入ることは無いのですが、この店はチェーン店でも美味しかったしまた行きたい感じの店でした。




MKレストラン シーロムコンプレックス店
シーロムコンプレックス4階(BTSサラデーン駅直結のビル)

予算は…1人あたり 飲み物+料理で日本円で1000円程度が目安
おすすめは…タイスキとローストダック
英語表記メニューあり。英語が通じます。
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2016年7月時のものです。


「アジアを旅するならまずはカオサンに行けばいい」はもう過去の話!?☆KhaosanRoadにはまったくインスパイアされませんでした

20代の頃に読んだ"深夜特急"。
「アジアを旅するなら、まずはカオサンに行けばいい」
…というフレーズがもう20年以上ずっと記憶に残っていて、
今回のバンコクの旅ではココはぜひ訪れたい場所の一つでした。

KhaosanRoad 2016 バンコク カオサン通り

KhaosanRoad 2016 バンコク カオサン通り

KhaosanRoad 2016 バンコク カオサン通り

KhaosanRoad 2016 バンコク カオサン通り

KhaosanRoad 2016 バンコク カオサン通り

KhaosanRoad 2016 バンコク カオサン通り

節約旅行者やバックパッカーが情報収集するメッカ"カオサン通り"に来たのは初めてなのに、"その頃とは明らかに時代が変わったんだな"という空気に包まれているのを感じました。
そういえば数年前に訪れたベトナム・ホーチミンシティ―のファングーラオ通りも、同じようなバックパッカーの聖地と聞いて訪れたことがあったのですが、街が放つオーラが弱いっていうか、ココと同じ印象でしたね~。
いい悪いはいいませんがその一因は明らかにネットと言うかスマホの普及ですね、と。
(スマホがないネットだけの頃だったらまだしも…スマホさえあればすべて予測がつくから人々に行き当たりばったりの感覚がなくなるし、情報はココよりもあるし、航空券を取るにしても安いですからね=わざわざ街に来る必要がない=街が持つパワーもなくなる感じ!?



バックパッカーも現地の人もみんなうつむいてスマートホンの画面を見ています。
ここにいま流行りのポケモンGO!がいるのかは知りませんが、
東南アジアの混沌に潜む"得体のしれない何か"はココにはいないように思いました。
色んな店を覗いたり、食事したりしてみましたが、見た事のないものや経験したことのないデキゴトに遭遇するドキドキ感やサプライズも皆無で、なんていうか、まったくインスパイアされませんでしたね(._.)


かつてこの街にあふれていた何か。深夜特急のノスタルジー。そんな部分に少しでも触れたかったのに…