Translate

2016年8月31日水曜日

シゴトとはいえ今回も良い旅でした☆Return Flight-デンパサール-インチョン-成田

23:00ごろチェックアウトしてタクシーをつかまえ空港へ向かいます。
タクシーのドライバーと談笑しながら窓を開け、
排気ガスと南国の花、どこかの屋台の香辛料のにおいが混じったバリの夜風を吸い込みます。
着いたときはノスタルジーを感じるにおいですが、
帰るときはセンチメンタルな気持ちになってしまう不思議なにおいです。
バリもここ10年でかなり変わりました。
新しいお店、道路、そして誰もがネットでつながりました。
変わるより変わらない方が、むずかしい世の中です。
でもこの風のにおいは変わらない。

…そんなことをぼんやり考えていたら、
BALIマラソン出場も含めてバリ島を東奔西走した1週間が脳裏に流れてきました。
仕事中は写真を撮っているヒマがなく写ってない方の方が多いですが、
本当に色んなバリの方の協力で今回も満足した仕事ができました<(_ _)>
TERIMA KASIH バリの方の協力で今回も満足した仕事ができました<(_ _)>

みんな、今回もありがとう! Terima Kasih banyak!


.. ∴‥∵‥∴‥ ‥∵‥∴‥∵‥ ∴‥∵‥∴‥ ‥∵‥∴‥∵‥


この時間のバリ・ングラライ空港は、
自分たちのように韓国とかマニラ等の経由便も含めて、
日本行きの便が多く、自分たちを含めてニホンジンで一杯です。
帰路の座席ですが、24時間前からできるWEB-CHECKINがシステムトラブルで出来ず、
エコノミーでもトイレ近くを外し、出来るなら横に他の乗客がいない席にしてもらうため、
カウンターのお姉さんとインドネシア語でベラベラ。
良いシートにしてもらえました。テリマカシ!
これでインドネシア語は喋り納め。
メールやLINEでは頻繁ですけどネ(笑)


それにしても、わかるわぁ~その気持ち( ノД`)
古い空港の時から通い続けてもう何十回こういうキモチになったことか…
Return Flight☆デンパサール-インチョン-成田


大韓航空KE630便
DPS1:25am発-ICN9:25am着の7時間のフライト。
深夜便なのであっという間に照明が消され、機中は睡眠モード。
機内食は朝1回。
もしかしたら寝ている間にスナック程度の配布はあったのかもしれませんが知りません(笑)
日本時間で朝8時前ごろ「炒飯」「オムレツ」「御粥」の3種類から選べました。

自分はエビ炒飯とパン。
大韓航空KE630便 エコノミークラスの機内食

eimy店長はオムレツとポテトにパン。
ほとんど食べてませんでしたけど...
大韓航空KE630便 エコノミークラスの機内食



大韓航空KE703便
1時間弱の短い乗り継ぎ時間。
仁川でゆっくりしている暇もなく日本行きの便へ搭乗です。
ICN10:10am発-NRT12:30pm着、
2時間20分と短い飛行時間で出るYクラスの機内食はビーフ一択でした。
(左にあるチューブのコチュジャンはついていませんが頼むともらうことができます)
大韓航空KE703便 エコノミークラスの機内食


いつものことですが(笑)
帰国便機内で日本人には不要の入国カードを配っているCAさん(日本人)に、
またまた外国人旅行者だと思われたらしく、
「入国カードはお持ちですか?」
と英語で聞かれるeimy店長も無事入国帰国。
お疲れさまでした~!
成田到着。 お疲れさまでした~!


シゴトとはいえ今回も良い旅でした(^_-)-☆







2016年8月30日火曜日

誕生日プレ☆欲しかったI'm Not Gay のタンクトップ。良くみるとBut $20 Is $20の部分が意味深(苦笑)

実は自分は結構モテます…そっち系の人に(笑)
ロスの公園で昼寝してたらズボンを下ろされたこともあったし(滝汗)、
一人で歩いていると誘われたりするんですよねΣ(゚Д゚ υ)
そっちの趣味はまったくないんですけどね...どうしてでしょう!?(苦笑)


そんな自分にeimy店長からニヤリとするバースデープレゼント。
去年だったか一昨年だったか忘れたけど、eimy店長とスミニャックを歩いていて、土産物屋の軒先に吊るしてあったTシャツを見て
「これ面白い! オレ、そっち系の人にモテるから欲しいかも!」
と言っていたのを覚えててくれたみたい(^_-)-☆
タンブリンガン通りの土産物店で売っていたのを見つけて買ってきてくれたみたいです。
テリマカシ―!

I'm Not Gay, But $20 Is $20
ズボンのチャック(ボタンフライ)のいちばん上が外れてるのは気にしないでください

ところでI'm Not Gayはパッと見でわかるからイイでしょう。
問題は、 But $20 Is $20の部分です。
コレ皆さんはどう訳します??
自分的には、
「俺はゲイじゃないけど、20ドルは20ドルだからお金さえくれるんなら相手してもイイよ」
って風にしか訳せないんですけどΣ(゚Д゚ υ) 
…そう考えるとコレを着て歩く勇気いるな(笑)



バリで迎える誕生日ランチ☆Trattoria Sanur

8月30日。3年連続で誕生日をバリで迎えています。
2016は…誕生日はどうしてもピザが食べたいんですよね(笑)

マラソンは無事終了したし、今回の買付けのシゴトもほぼ終わり、夜は日本へ向けて帰国。
もうやることは帰り支度位だからゆっくりとランチへ。
向かった先はサヌールのトラットリア。
サヌールのトラットリア


解放的な店内。お昼を回ってましたがお客さんが入ってません(^^ゞ
解放的な店内


文字だけのメニューです。
48歳になりました。体内年齢は21~22歳とかなんですが、目だけはダメですね。
老眼がすすんでしまってて読むのがキツいなぁ。
文字だけのメニュー


バリのイタリアンレストランはどこでも無料のお通しがでますね。
ブルスケッタにパンにグリッシーニ…オリーブオイルとバルサミコでいただきます。
これだけでお腹いっぱいになりそうです。
無料のお通し


DAVIDという名前のピザ。RP. 58000(≒580円)
ボリュームがありますが、そんなに生地は見た目ほど厚くなくサクサク。
美味しいです。
DAVIDという名前のピザ。RP. 58000(≒580円)


PAPPARDELLE ALLA BOLOGNESE Rp.76000(≒760円)
パッパルデッレパスタはホームメードらしいです。美味しいですよ!
PAPPARDELLE ALLA BOLOGNESE Rp.76000(≒760円)


シゴトも終わったし誕生日だし昼から飲んでもイイよね(笑)
バリ醸造のシャルドネで( ^^)/C□☆□D\(^^ )
誕生日をバリで迎えられて幸せです。
バリ醸造のシャルドネで( ^^)/C□☆□D\(^^ )





∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥



トラットリア(Trattoria Cucina Italiana)
・営業時間 11:30-23:30
・定休日 無休
・インドネシア語と英語
この記事に掲載している情報は、2016年8月時のものです


2016年8月29日月曜日

うちはオシャレでしょ?ってどや顔してるようなLilla Warung Sanur

昨晩、裏通りのブミアユでアタリの店(パパピザ)を見つけた帰り、
満席になっているカフェレストランがありました。
気になったのでトリップアドバイザーのサイトで見るとなかなかレビューも良い感じなので、
今夜の夕飯はそこへ行ってみることにしました。


うちはオシャレでしょ?ってどや顔してるようなLilla Warung Sanur


ランプの灯と小奇麗なインテリア…まぁ、薄暗い店内です。
店員さんも皆さんスタイル抜群の若い子ばかりで「トリップアドバイザーでサヌール340店舗中20位の人気カフェのイケてる店員です」って感じでちょっと気取り気味。
あまりフレンドリーな感じではないですね(^^
うちはオシャレでしょ?ってどや顔してるようなLilla Warung Sanur


エビのグリルのプレート。せっかくのエビは少しオイリー。
うちはオシャレでしょ?ってどや顔してるようなLilla Warung Sanur


ナシチャンプル。観光客向けの味です。
うちはオシャレでしょ?ってどや顔してるようなLilla Warung Sanur


盛り付けは一般的にはオシャレなのかもしれないですが…このサラダは貧相としか言いようがない。
食べにくい大きさのバジルを外したら野菜のカスか!?と(苦笑)
これで300円近くだったと思います。バリの物価からしたら相当なボッタくりですよ(笑)
うちはオシャレでしょ?ってどや顔してるようなLilla Warung Sanur


「うちはオシャレでしょ?」ってどや顔してるような素敵な内装のカフェレストランでしたが、
上記+ビールで2500円くらいだったかな。正直、コスパも悪いです。
なので自分たち的にはリピは無いですね。

なんていうか、ローカルフードってこういう蝋燭の灯でなく、日本でいえば電車の高架下とかの蛍光灯で少し薄汚いくらいの店が外れないですね。もし外れても笑えるくらい安いし(^^ゞ
それにしても食ログもそうだけど、トリップアドバイザーってあてにならんな(笑)
自分的には、作っている人の顔の見えて、精魂込めて作った料理が食べたいな、と。




∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥


リラワルン(Lilla Warung Sanur)
・営業時間 不明
・定休日 不明
・インドネシア語で会話していましたが英語も大丈夫そうです
この記事に掲載している情報は、2016年8月時のものです




マラソンが終わったので濃いローカルフード解禁☆Warung Babi Guling Gerenceng

デンパサールで仕事。
マラソンが終わったので濃いローカルフード解禁です。
ランチはバビグリン グレンチェン(Warung babi guling Gerenceng)へ。
ココのバビグリンは文句なく美味しい~♪
バビグリン グレンチェン(Warung babi guling Gerenceng)
このエリアは観光客はいません。ローカルのみでごったがえす人気の食堂です。
インドネシア語のみで英語・日本語は通じませんし、さらにメニュー表などもありませんが、観光客向けでないリアルなバビグリンを味わいたいならぜひ訪れて損はないと思います。
3月に失望したあの有名店のそれとは全然違います!




∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥


お店の所在・詳細などは過去記事をご覧ください




2016年8月28日日曜日

サヌールの路地裏にある隠れ家的ピザ店☆Warung Papa Pizza

去年(2015)のバリマラソンの後はマッシモレストランに行きワインで乾杯しましたが、
今年(2016)は自分たちなりに激走して(胃も)疲れ切って大好きなワイン…という気分ではありません。
でも「何か食べなきゃ」と夕方街にでてみました。


サヌールと言えばタンブリンガン通りがメインですが、そこから横に入ったブミアユという細い道があります。
地元の人の抜け道的な小径であまりお店ってないんですが、何か砂漠のオアシス的にポツリと看板があるのを発見!
サヌールの路地裏にある隠れ家的ピザ店☆Warung Papa Pizza


"パパピザ"とかいてあります。
自分たちのようなNO MSGな食生活者には嬉しい掲示が(笑)
ピン!ときたのでココにしよう!と入ってみることにしました。
サヌールの路地裏にある隠れ家的ピザ店☆Warung Papa Pizza


中に入ってみると、一軒家の敷地の一部をカフェ化していて隠れ家的な雰囲気。
テーブルは5席くらいかな。
サヌールの路地裏にある隠れ家的ピザ店☆Warung Papa Pizza


テーブルの横に小さな池があって鯉が泳いでます。
サヌールの路地裏にある隠れ家的ピザ店☆Warung Papa Pizza


マルゲリータピザ(L)を注文。
注文してから生地をこねて焼いてくれるようです。
出てくるまで15分くらい。
生地は薄くも厚くもなくちょうどよいし甘味もあって美味しいです。
これはイケます! 価格は確か(RP.40000≒約400円)とリーズブル。
サヌールの路地裏にある隠れ家的ピザ店☆Warung Papa Pizza


チャプチャイ(野菜炒め)とナシゴレンも頼んでみました。
とても優しい味です。価格は確かともに(RP.20000≒約200円)
 サヌールの路地裏にある隠れ家的ピザ店☆Warung Papa Pizza


調理と接客してくれたフレンドリーで人柄がよい感じのスタッフさん。
(パパピザのオーナーのBAPAKさんも挨拶に来てくれましたが撮り忘れ)
サヌールの路地裏にある隠れ家的ピザ店☆Warung Papa Pizza


小さな食堂ですが、味、サービス、値段、清潔感すべてイイ感じです。
飛び込みで入った割にはかなりアタリのお店でした。
また訪れたい店のひとつになりました。
サヌールの路地裏にある隠れ家的ピザ店☆Warung Papa Pizza


ps.夜間のみの営業のようです。このブミアユという小道は、人通りも少なく本当に薄暗いですので女性だけの方は注意してくださいネ!



∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥


ワルン パパピザ(Warung Papa Pizza)
・営業時間 18:00~22:00
・定休日 不明
・インドネシア語で会話していましたが英語も大丈夫そうです
この記事に掲載している情報は、2016年8月時のものです



Bali Marathon 2016に今年も参加してきました! マラソンも人生も後半戦からの勝負!

前半はゆっくり"旅ラン"という名の観光マラソン。
このジョギングペースなら昨年同様、5時間半程度で楽に完走できるでしょう。
でも、『この日のためにあんだけ練習したのにこんなんでイイの?』と心がざわつきはじめた17㎞ポストでの決断。
後半戦からの真剣勝負。
大学までエスカレーター。そこそこの企業に就職して気ままに過ごしていたのは30歳まで。
脱サラして自営業。今は何の後ろ盾もない日々真剣勝負の毎日。
それって自分たちの生き方と似てないか?、と独り苦笑しながらギアチェンジ。
人生=マラソンとよく喩えられてるけど、ある意味そうかもね。


ほとんどのランナーが歩いてしまうギャニアールの超急坂でも絶対に歩かない。
路面温度は60℃。eimy店長の足裏は2か所のひどい水ぶくれ、自分は爪が2枚剥がれ出血しながら…それでも歩かない。
自分を全部使う。自分を出し切る。
灼熱の太陽と熱帯の湿気、エイドで浴びた水と汗と涙でぐちゃぐちゃ。
背負いこんだ余計なものを全て蒸発させるように夢中で走る。


文章にすると青臭いですが(笑)
2人とも今年は特にいろいろな思いを心に秘めての42.195㎞でした。
自分的にはこれまで47年生きてきて生まれて初めて本気になったかもしれません。
生きているからできること…私たちにとってフルマラソンを走ることは、生きている証の究極形かもしれません。

フルマラソンは旅ランの究極形かもしれません


・・・‥‥………………………………………………………‥‥・・・

eimy店長のレポート
→"バリマラソン2016参加レポ☆人生のどん底からの脱却 Keep my head up!"

HiroAsakuraのレポート
→"バリマラソン2016参加レポ☆正にRUN.FIND MYSELF"


・・・‥‥………………………………………………………‥‥・・・


2016年8月27日土曜日

SANUR FES 2016☆太っちょなBODY PAINTINGのモデルさん、悩殺のはずが黙殺されるという…(悲)

今年もサヌールフェスティバル(Sanur Village Festival)が盛大に開催されていました。
サヌールの友人MADEとLINEしていたら、
「おしゃべりしたいから行かない?」
とお誘いが。
有名レストランやホテルの出店(ジェラートやピザ等)もいっぱいあって、バリマラソン前日だったからレースのためのカーボローディングにもちょうど良いので、仕事がひと段落する遅い午後に待ち合わせて会場へ...。


∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥


会場に到着するとちょうどボディペインティングショーが始まるところでした。
下着姿の女性にペイントを施してヒョウにしたり...とかいうショーなのですが大人気なんだそうです。
数人のモデルさんが会場内に出てきてそれぞれの立ち位置へ。


動物園の餌やりの時間になったみたいにどっと鼻の下を伸ばしたオトコどもが群がります(笑)
ま、細くてまーまースタイルのモデルさんの周りはこんな感じ。
細くてまーまースタイルのモデルさんの周り


このタトゥーが入ったお嬢さんの周りはポツポツです。
隣にいたバリ人が「すでにボディペイント状態じゃん」
とあまり好きでなさそうなニュアンスで言っていました。
タトゥーが入ったお嬢さんの周りはポツポツ


う。。。。。人気がありません。
チラリと横目にみなさん素通りしていきます。
どこからか「人前にでるならダイエットしてからだろ」的な言葉が聞こえてきました。
彼女の耳に入っていたらグサッとくるでしょうね…。
SANUR FES 2016☆悩殺するつもりが黙殺…BODY PAINTINGのモデルも辛いだろうな


そういえばバリの女性ってあまり運動してる姿を見かけませんね。
実際、朝に海岸を走っていてもほとんどいない。…同じインドネシアでも、ジャカルタの人は意識が高い人が多くてフィットネスする人が多いんですけどね。
某ライザップもバリに進出すれば需要ありそうですよね~(笑)
Koman(一緒にいた友人)が「eimy! 横に立って代わりにモデルになれば?」って…(苦笑)
SANUR FES 2016☆悩殺するつもりが黙殺…BODY PAINTINGのモデルも辛いだろうな


色々なイベントを横目に、マッシモ(出店)のラザニアや揚げたてピットレ、各店の名称は覚えていませんが、甘いココナッツタイティーとか、ジェラート各種とワッフル、焼きたての菓子パンとカプチーノetc...
物凄いカロリー摂取。このまま何もしなければ↓こんな感じまっしぐらですが、明日のマラソン42.195㎞を走るために必要なエナジーLOADINGです(^^ゞ
うちのお店で何故かとっても人気のバリの木彫り置き物です(笑)




∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥


野外のテーブルでいろいろ食べながらあーだこーだと久々のお喋りタイムで楽しかったです。
仕事の合間のいい息抜き&バリマラソン前日の良いカーボローディングでした。
Made&Koman、テリマカシ(ありがとう)
Made&Koman、テリマカシ








2016年8月26日金曜日

ダイエットではない食事制限のため泣く泣く見送ったIBU ANDIKA@バリ島

ザッカ買付の仕事がメインなのですが、今回は8月28日のバリマラソン出場ももう一つの大きな目的。
いつもならバリの屋台飯とかワルンで大好きなインドネシアンローカルフードを楽しんでいるのですが、やはり東南アジアの香辛料や唐辛子ってお腹にジワジワと来るし、万が一レース本番中にバリっ腹になってしまったら...を考えると躊躇してしまいます(^^;ゞ

ちなみにレースまでの間に行った店は、
ローカル食堂でも辛くなくて穏やかな味で清潔と思える店だけです(笑)
店紹介は以前の記事のリンクです。
・サテ専門店 サテプレチンアルジュナ
・カフェ サヌールセガール
・中華 タンジュンピナン
・バリニーズ プレギナワルン
・バリニーズ ワルンサンタイ
等です。

…で、マラソン2日前、レースの受付でヌサドゥアに行ったとき、
(こちらもご覧ください→バリマラソン2016 レースパックコレクション@ヌサドゥア)
バリニーズとしゃべっていて、
「今からトゥバンにいくの?」
「そう、シゴトで。美味しい店がたくさんあるからあのエリア好きなんだよね」
「イブ アンディカ知ってる? ナシプダスならあのワルンはバリ島ナンバー1だよ。ぜひいってみて」
と。

そしてトゥバン(TUBAN)で仕事をして一応見るだけIBU ANDIKAへ行ってみました。
夕方5時ごろで夕飯には早い時間でしたが中で食べている人がいっぱいいます。
人気店のようですね。
NASI PEDAS(ナシプダス)。直訳すると「辛いご飯」です。
ま、好きなおかずを選んで皿に乗っけて食べるナシチャンプルのひとつですね。
あー、食べたいけどマラソンのために我慢。次回訪れたときはぜひ(^^ゞ



ナシプダス イブ アンディカ(NASI PEDAS IBU ANDIKA)
営業時間・定休日 不明
この記事に掲載している情報は、2016年8月時のものです。



We ran into successful man in Sanur

サヌールのタンブリンガン通りを歩いていたら、
「Hai!Eimy! Hiro!」
とバイクから声をかけられました。

誰?と思ったらKJ君。
2002年に初めてサヌールに来たときに会ったバリ人。
とっても好青年で俺とよく遊んでくれました。

時が流れ、2016年。
今ではもうこのサヌール界隈では知らない人はいない大成功男(実業家です)。
なのでなんとなくモザイク乗っけてみました(^^ゞ
We ran into successful man in Sanur

「ひさしぶり~♪」
「ホントに。」
「Madeちゃんからいろいろ話を聞いてるし大活躍は知ってるよ」
「アクセ屋から始まって、今じゃカフェレストラン数店に、最近はヴィラも経営してるんだって?」
「Jカフェの後のCツリーって人気カフェもKJの経営でしょ? ホント凄いね。」
「あはは、それほどでも」
We ran into successful man in Sanur



買付時の画像ファイルを見てみたら、彼と最後に一緒に釣りをしたのは2008年だったようです。
ポソ通りのワルンでブンクス(お持ち帰り)したナシチャンプルを持って、Jカフェのみんなと一緒に彼の愛車でセランガン島へ連れていってもらったっけ。楽しかったな~
We ran into successful man in Sanur
「今度お店にきてよ」
「行ってKJ君いるの?」
「あは、普段はいないけど呼んでくれたらすぐ行くよ」
「店には立ってないんだね。ま、これだけ店あるとマネージメントも大変だよな」
「あはは」
ま、そんな話の他、お互いの近況とか、子供のこととか、色々立ち話して、
「また機会があったら昔のように一緒に釣りしよう」
とわかれましたがきっと忙しすぎて無理でしょうね!?

自分より10歳くらい若い格好いい男ですよ。
ビジネスの才能も凄い。
いや~、見習いたい。
腹の出具合以外は(笑)


2016年8月25日木曜日

マラソン前なので辛さ控えめにでもインドネシアの味を食べたい☆Pregina Warung Sanur

買付の仕事初日。
この日は朝から買い付けで問屋街とファクトリーを一日中走り回っていてお腹がペコペコだし喉もカラカラ。
ガツンとパンチのある東南アジア料理とビンタンビールを身体が求めます。
いつもならポソ通りのパダン料理とか、BP沿いの屋台とかで手加減なしのローカルフード、というところなんですが…バリマラソン3日前の夜です。

でもインドネシア料理がたべたいよね?とeimy店長と相談です。
レース中にお腹に来るのは絶対に勘弁なので辛さは控えめなところ。
屋台飯とかではなく清潔なレストラン。
で選んだのがココ、プレギナワルン(Pregina Warung)です。

サヌールのメイン、タンブリンガン通りに面した小奇麗な店です。
プレギナワルン(Pregina Warung)

前菜にサラダとカラマリ(烏賊の揚げ物)を頼んで...
プレギナワルン(Pregina Warung)

ビンタン★ビールで今日も一日お疲れ様乾杯。
これだけ働いたのでビール1本ぐらいいいでしょう。
どうせ明日の朝は走るからビール抜きできるし(笑)
プレギナワルン(Pregina Warung)


前菜を食べ終わった頃、メインが運ばれてきました。
eimy店長はアヤムゴレン。赤いピーマンに隠れて見えませんが鶏モモがかくれています。
ソテーされた空芯菜とピーナッツが添えられています。 
ピーマンは辛いですが、他はマイルド。
プレギナワルン(Pregina Warung)

自分のオーダーはナシチャンプル。
思った通り"観光客向け"なソフトテイスト。馬鹿にしているわけではなく普通に美味しいですよ。
プレギナワルン(Pregina Warung)

あれ? ビール2本目です。
サンミゲールライトです。控えめにライト! 
日本で飲むと?ですが、熱帯で飲むサンミゲって何故か美味しく感じます。
あ、さすがに明日はレース2日前なので明日からは絶対に禁アルにします(苦笑)
プレギナワルン(Pregina Warung)

帰るころ、店内は満席近くになっていました。
スタッフさんはフレンドリーです。
ビールの銘柄を変えると別のグラスを持ってきてくれるしグラスも冷えてます。
レストランなのでサービスは普通に良いです。
個々の皿の値段もそれほど高くないし人気のあるレストランみたいですね。
ワイン屋さんが経営しているとかで、本当はワインを飲みたかったけど次の機会に。
ご馳走様でした<(_ _)>



∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥



プレギナワルン(Pregina Warung)
 予算は…上記で1人RP.120000(≒日本円換算で1000円強) 
おすすめは…記事を参照してください 
英語表記メニューあり。英語が通じます。 
営業時間・定休日 不明
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2016年8月時のものです。



今回宿泊したのはRamayana Hotel Sanurです

ラーマヤナホテルはサヌールのメイン通りに面し中心部といえる便利なロケーションにあるホテルです。
(サヌールはデンパサールやギャニアール方面へアクセスが良い買付の仕事に便利な場所で、他のバリリゾートエリアより比較的静かだし現地の友達や知り合いも多いのでよく滞在します。特に、今回はバリマラソン会場まで一番近いのでこのエリアしかありえませんでした)

1か月前にバンコクで久々いいホテルに泊まってるだけに落差が凄いよね(笑)」
「ホント(笑)  あの子ここに連れて来たらなんていうかな!?」
「ココ嫌だ。綺麗なところがイイ、とか言いそうだよね (笑)」
expediaのセールで予約し実質2人1部屋1泊2000円台の安ホテルですが、日中は買付のシゴトで夜に疲れて寝に帰るだけですからね。シゴトでの利用なら十分です(笑)


■エントランス
サヌールのメインストリート"タンブリンガン通り"に面していてわかりやすいです。
RAMAYANA HOTEL SANUR


■フロント
おっちゃんからお姉さんまでスタッフがいますがみんなフレンドリーです。
会話はインドネシア語、英語になります。
チェックインに際しデポジットもクレカの提示も要りません。
朝食の際もルームナンバーも聞かれないこともあったし、チェックアウトすらノーチェック。
なんかみなさん、テキトーというか良い意味でいい加減っぽいんですよね。
なので融通はかなり効きそうです(笑)
RAMAYANA HOTEL SANUR


■ルーム
普通の安ホテル、というかロスメン的な…(^^ゞ
ツインルーム(朝食付き)で予約しましたが、ダブルベッドです。
クローゼットなどの収納箇所は多々あります。
隣の声も筒抜けです。
色んな意味で新婚さんやカップルさんにはオススメできません。
RAMAYANA HOTEL SANUR


TVとエアコンはありますが冷蔵庫がありません。
水は毎日2本補充されます。
すぐ近くのHardy'sのPBの水です。コスト削減ですね。
RAMAYANA HOTEL SANUR


バスルームも簡素です。
お湯は出てくるまで時間がかかりますが熱いお湯がでます。
トイレは良く流れます(バリでは良く流れないところが多い)
構造上、床がどうしてもウェットになってしまうのでサンダルを持っていった方が良いですよ。
RAMAYANA HOTEL SANUR


洗面所です。
タオルはバスタオルだけで、アメニティも小さな石鹸だけです。
歯ブラシやカミソリなどは持参するか歩2分圏内にHardy'sがあるので購入可能です。
(24H営業のコンビニも1分くらいのところにあります)
RAMAYANA HOTEL SANUR


■セーフティーボックス
金庫は部屋にはありません。
フロントの奥にあり鍵を2個かけて1つは自分預かりになります。
1週間預けてみて大丈夫でした...
RAMAYANA HOTEL SANUR


■朝食
ホテル敷地の通りに面した一般客相手のRamay restoという食堂で取ります。
BUFFETですが、置いてあるのは3種類程度のパン、フルーツ、ナシゴレンかミーゴレン、オレンジジュースです。
珈琲か紅茶はスタッフがもってきてくれます。
卵系はオムレツ、スクランブル、パンケーキ他から1種類選んでスタッフに言うと作って持ってきてくれます。
んー、実に簡素ですし味は正直...。
RAMAYANA HOTEL SANUR


■プール他
ホテル敷地の奥にスワスティカバンガローという同じ経営の別ホテルがあってそこのプールを利用できます。
(プールタオルはラーマヤナホテルのフロントから借ります)
25m位で1m~奥の方は2m位と深いです。
他、このプールの近くに運動スペースがあって、卓球台1台、ビーチバレーコート、バスケットゴールがありました。
RAMAYANA HOTEL SANUR


■敷地
ホテル敷地はバリっぽい緑です。
蚊がいっぱいいます。朝晩にフォギングしている様子もありません。
部屋掃除の時に入るのか、部屋にも蚊がいっぱいいて、フロントに蚊を退治するスプレーを借りに行きました(^^ゞ
刺されて痒いのも嫌ですが、バリは各リゾートエリアでもデング熱もあるので要注意です。
実際、今回の滞在中もサヌールの友人(バリ人)の甥っ子がデングに罹ってしまい入院してしまいました…
RAMAYANA HOTEL SANUR




∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥




"RAMAYANA HOTEL SANURのメモ" 
スタッフはインドネシア語と英語のみ。日本語は基本的に通じません。
スタッフはフレンドリーな印象でした。
wifiは敷地内ならどこでも使えます。パスワードを教えてもらえます(無料)
部屋に電話はありません。
フロントは24時間とりあえず的にスタッフがいます(笑)
ランドリーはすぐ近くのタンブリンガン通りに数軒あります。翌日仕上がりです。
近くにコンビニや総合スーパーが複数あり便利です。
付近には土産物屋、バー、レストランも多数あります。
最寄りの海岸までは徒歩5分程度です。
チェックアウトタイムは正午でしたが1時間ぐらい遅れても大丈夫なとても緩い感じ(笑)
客層は30代~70代の欧米人が中心。
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2016年8月時のものです。