Translate

2017年1月28日土曜日

時代の変化なんだろうけどなんだかむなしさが募る感じ☆Hiro's_essay_24

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director ヒロアサクラ’S 旅エッセー(24)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

機内食が終わって照明の落ちた機内で、
ワインをもらって新作映画を見ながら機中ライフを愉しむのが旅の定番というか、
日常から離れた感があってとても好きな瞬間です。
なので、映画=機内で見るもの,という意識があって、
自分はもう彼是20年かそれ以上映画を映画館で見たことがないです。

ワインをもらって新作映画を見ながら機中ライフを愉しむのが旅の定番です

2017年1月末、
アメリカン航空(AA)は1月24日、2017年に新たに導入する「ボーイング737マックス」100機に機内エンターテイメント用のモニター画面を装備しないと発表した。CNNなどが報じた。CNNによると、スマートフォンやタブレットを持ち込む乗客が多く、座席の背部に設置されたモニターよりも、手持ち機器を使ってもらった方がよいと判断したという。”
というニュースを目にしました。
ニュースによれば、機内ストリーミングで映画を自分のスマホで見られるらしいけど、なんか嫌だな~。
あと機内モニターといえば飛行経路(フライトパス)ですね。
いまこの機はどこを飛んでいるのかとか!?
低い解像度のモニターで見るあの画面に旅情を感じるわけです。
この記事を書いているときにeimy店長が言ってたけど、
「日常から離れるための旅なのに、日常で使ってるものでそれを見るのは嫌だなぁ」
と。
同感です。
正直、スマホ上では見たくないですね。

そういえば海外の食堂やレストランでも”同じような気持ち”を感じることが多いです。
いままで何度も何度も渡航を重ねて、
成田に戻ってくると「よしっ、次までもっと英語勉強しよっ」って思いなおし(笑)
失敗も何度も繰り返しながら少しずつスキルアップして喋れるようになって、
ようやくいろんなオーダーもスムースにできるようになったわけです。

…その横で、無言でスマホの翻訳画面をかざしてオーダーしているニホンジンを見ると、
旅は便利になったけどなんだか一抹のむなしさが募るなぁ、と心の底から思います。
旧いタイプの人間なんですかね!?(笑)
今のもの、新しいものは認めん!っていうような懐古主義者ではないですが、
<<スマホをオフにした旅、楽しかったですよ>>

旅はワクワクドキドキの連続だよ。
そう、iPhoneさえなければね(^_-)-☆


ps.
懐古主義でいえば、
空港の反転フラップ式のパタパタパタとめくれる発着案内、好きでした(^^ゞ