Translate

2017年9月30日土曜日

ポークリブが美味しい Naughty Nuri's Seminyak

「クロボカンに泊まるんですか? ヌリスっていう店のスペアリブが美味しかったです」
と渡航前に常連のお客様O君からの情報。
さっそく夕飯を食べに行ってみました。

場所はムルタナディ通り沿い(Jl.Mertanadi)、クロボカン刑務所の南側で比較的わかりやすい場所です。
日が沈んで間もない18:30頃と早い時間ですがもうお客さんが結構入ってるようです。
ポークリブが美味しい Naughty Nuri's Seminyak

予約なしで土曜日、ということで待たされるかな!?と思いましたがすんなりと入れました。
ポークリブが美味しい Naughty Nuri's Seminyak

フレンドリーな店員さん(フロアスタッフは全員揃えたようにぽっちゃりさん)にたずねたら、メニュー真ん中の”ヌリスシグネチャーBBQポークスペアリブが一番人気!”というのでそれをオーダー!
ポークリブが美味しい Naughty Nuri's Seminyak

まずはビンタンビールで久々のバリに乾杯!
ビンタンは小瓶しか置いてないそうです。
スタビーホルダーはビンタンのデザインかと思えば…よく見るとヌリスに(笑)
ポークリブが美味しい Naughty Nuri's Seminyak

自分たちはアラウンド50なもんでガッツリ系は普段食べなれていないのでまずは胃に野菜を敷かないとネ(苦笑)
ポークリブが美味しい Naughty Nuri's Seminyak

来ました! 名物BBQスペアリブ! 大きい!
ポークリブが美味しい Naughty Nuri's Seminyak

炭火と甘辛い香りが漂ってくるアツアツのお肉は柔らかくてついている骨も歯で砕けるほどです。
恐らくBBQコンロで焼く前に圧力鍋で処理してるんだろうな~。
もちろんとても美味しいしビンタンビールと最高に合いますね!
ポークリブが美味しい Naughty Nuri's Seminyak

店員さんのサービスも良く大満足。ご馳走様でした。
ポークリブが美味しい Naughty Nuri's Seminyak

バリ買い付け時はローカルの食堂ばかりであまり観光客向けのレストランにはいかないのですが、ここは値段も良心的でとても良かったです。
アラフィフ夫婦2人でビールを飲みながら、スペアリブ、サラダ、焼きとうもろこしをシェアして丁度良いくらいの量でした。
食後、胃もたれすることもありませんでした。
教えてくれたお客様のO君にも感謝m(__)m
燃料補給も十分で明日も目いっぱい買い付けに回れます!
今後、またクロボカンエリアに滞在するときはリピしてみよう~っと。



予算は…スペアリブ、サラダ、焼きとうもろこし+ビール2本
+税サービス込み2人で3500円でお釣りがくる程度
おすすめは…ヌリスシグネチャーBBQポークスペアリブ
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2017年9月時のものです。
バリのワルンや屋台での食事は、観光客向けのレストランなどと違い、
誰にでもおすすめできるわけではありません。この記事を見て訪れる方は、
衛生状態などをご自分の目で確認して自己責任でお願いします。

クロボカンの美味しいジェラート屋さん Gusto Gelato & Caffe,Kerobokan

今回の買い付けはクロボカン(Kerobokan)エリアに宿(もちろん安宿です)をとりました。
宿にチェックインして外に出たら午後3時。
「ここまでの長旅で疲れたしまず糖分補給する?」
「なんかアイスとかジェラート食べたいな」
「クロボカンだしグスト(Gusto)以外ないよね!?」
「レッツゴーでしょう(笑)」
グスト(Gusto)はeimy店長も自分もバリ島に色々あるジェラート屋さんやイタリア系レストランの中でもナンバーワンじゃない?と思うジェラート屋さんです。
今回は滞在中2回訪れました。

入口で一番小さいSサイズ2scoop(Rp.22,500≒225円)のチケットを買って、数十種類のジェラートのなかから選びます。


チョバ(coba=お試しの意味)できるので気になるフレーバーをいろいろ試します。
画像の他、フルーツ系や変わり種系のケースもあり種類がかなりあります。
迷いますね~


どれもとっても美味しいですしたっぷり盛ってくれます。
Sサイズでもその辺のジェラート店の1.5倍は盛ってくれる感じでボリューミー。
この上のサイズは糖質が自分たちの代謝力を超えてそうなのでやめておきます(苦笑)
レジ横ショーケースで販売しているプレーンのブリオッシュ(Rp.6,000≒60円)に載せて食べると…禁断のご褒美になります。


イートインは店内席、オープンエア席があり、カジュアルでトイレも清潔で席数も多くて快適な店です。
糖分補給も十分で早速買い付けに回ります!




予算は…一人225円~
おすすめは…お試しできるのでお好きなものを!
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2017年9月時のものです。
バリのワルンや屋台での食事は、観光客向けのレストランなどと違い、
誰にでもおすすめできるわけではありません。この記事を見て訪れる方は、
衛生状態などをご自分の目で確認して自己責任でお願いします。

2017年9月29日金曜日

バリ島東部アグン山の噴火警戒レベルが最高位に引き上げられた中、不安を抱えての買い付け出発 成田-クアラルンプールMH071便 ~ デンパサールMH715便

バリ島東部アグン山の噴火警戒レベルが最高位に引き上げられた中、不安を抱えての出発になりました。


成田発21:40のマレーシア航空(MH071)でクアラルンプール経由でデンパサールまで。
オンタイムでの出発。
日本人CAさんゼロ、アナウンスもマレー語と英語、日本人乗客も10%程度。
いきなり異国情緒で良い感じ。
搭乗前に既にちょっと結構飲んじゃってるんですがさっそくビールとワインをいただきます。

Yクラスの機内食「ビーフ」

Yクラスの機内食「フィッシュ」

機内エンターテインメントもマレー語か英語。
いつもなら映画を見ながらワインでも…なのですが、出発前の激務でたまった疲れ+成田までの運転+深夜便で眠気+アルコールが回っての4重奏でとても目を開けていられなかったのでそのまま寝落ち。
気が付いたら既にクアラルンプールでした。

OLDTOWN WHITE COFFEEで朝食。
マーガリンと砂糖を入れて焙煎したマレーシアのコーヒーです。


4時間くらいの乗り継ぎ時間でMH715便に搭乗。
乗客はヨーロッパ系の方とインド人の方が目につきます。日本人は数名見かけた程度でしたね。
シートは満席です。
今回、システムトラブルか何かでウェブチェックインが出来なくて、成田でチェックインし、その時に”並び席”にアサインしてもらったはずなのですが、確認しなかったのも悪かったのですがeimy店長とは20列以上も離れたバラバラのシート(苦笑)
自分の隣はインド人。むっつり顔だけど陽気なおじさんで、インド訛りと日本語訛りの英語でいろいろ話しました…それは楽しかったのですが、なんていうかガラムマサラのようなスパイスとお寺のお香と体臭がまじりあった独特のフレグランスがする御方で約3時間のフライト中、正直結構キツかったです(苦笑)

この後、スマホを充電しようとモニタの隣にあったUSB電源に差したら70%ほどあったバッテリーレベルがいきなりゼロになってしまうトラブルが。
カメラも起動せずスマホが不調。なんだろ!?
機内食の写真はありませんm(__)m