Translate

2017年10月1日日曜日

辛ウマと評判のナシプダス イブ アンディカ NASI PEDAS IBU ANDIKAに行ってみた

夕飯は去年の訪問時に食べたかったけど食べられなかった食堂に。
その食堂はトゥバン(TUBAN)のIBU ANDIKAです。
19時ごろですが行列もできているし中で食べている人がいっぱいいます。
やはり人気店のようですね。
NASI PEDAS(ナシプダス)。直訳すると「辛いご飯」。
好きなおかずを選んで皿に乗っけて食べるナシチャンプルです。

 トゥバン(TUBAN)のIBU ANDIKA

トゥバン(TUBAN)のIBU ANDIKA

ご飯に食べたいおかずをのっけてもらって値段のプレートをもらいます。
ジャワや他の島からのお客さんがほとんどみたいですべてハラルフード(イスラム対応)…鶏肉や魚がほとんどです。
でもいろんな味付けがあるのでどれも食べたくなりますね。
お肉・魚・野菜をバランスよく盛ってもらって約280~320円です。
サンバルは激辛です。
「プダスギラ!(キ×ガイのような辛さ)」 という声も聞いたほど。
胃が弱いeimy店長は「味はいいけど辛すぎてダメ」らしいですがボクは「結構イケる」と思いました(^^ゞ
店内は無駄に広く扇風機しかないので汗がだくだく。
空調の効いたレストランでは味わえないこの感じも良いね!
ドリンクですがイスラムの方やローカル相手なのでビールなどアルコールは置いてない模様です。
↓右の皿の真ん中あたりの野菜のココナッツミルク和えがメチャ美味しかったです。
トゥバン(TUBAN)のIBU ANDIKA




ナシプダス イブ アンディカ(NASI PEDAS IBU ANDIKA)
営業時間・定休日 不明
この記事に掲載している情報は、2017年10月時のものです。
バリのワルンや屋台での食事は、観光客向けのレストランなどと違い、
誰にでもおすすめできるわけではありません。この記事を見て訪れる方は、
衛生状態などをご自分の目で確認して自己責任でお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿